スマホ版に切り替え

HOME -> フェチ

ある程度アダルトなサービスを受けなれると、自分の趣味嗜好がわかってきます。 仕事柄九州に行くことが多い私は、毎回のように福岡のフェチ専門店で遊んでいますが、ここではずれを引いた記憶がありません。 これは、お店の人と懇意にしていて、私の好みの女の子をいつも指名できるからでしょう。 ちなみに、前立腺マッサージなどアブノーマルなプレイがここの売りです。


本来SMクラブなどで行われるM性感のプレイは、お客である私の側が受けにまわることで行われます。 福岡のフェチ専門店も基本的に私はマグロで、何もせずに女の子のなすがままになりました。 女の子は非常にてきぱきしており、私を軽く拘束した後は、ひたすら乳首をなめたり性感帯を刺激したり、言葉攻めを繰り返していました。


弱い刺激を重ねていったほうが、実は絶頂の快感は大きくなります。 私はじらしにじらされ、ついに男の潮吹きを経験しました。 これは文字通り男が潮を吹く現象です。 味わったのはこれが初めてでしたが、確かにものすごい気持ちよく、一瞬気を失いました。

わきの下や足など、女性の体の一部などに性的興奮を覚える人がいます。 昔、スクール水着の女の子に勃起した経験のある私は、そうした特殊な嗜好の人の気持ちがよくわかり、思わず同意せずにいられません。 出張で行った福岡のフェチ専門のお店でプレイした時も、あえて私は女の子にブルマ姿になってもらいました。


これは、私が体操着マニアだからで、色などにもこだわりを持ちました。 福岡のフェチ専門店はM性感、ヘルスなどたくさんあります。 どこに行けばいいかはアダルトサイトの情報を頼りにするのが一番です。 これは、実際に行ったお客の意見が出ているからに他なりません。 この時行ったお店で、私は女の子のブルマの上からペニスを押し付け、彼女をイカせることに成功しました。


最初から女の子をイカせようと思ってプレイしていたわけではありませんが、興奮するとなんとなく女の子をイカせたくなります。 九州の子はみんな素直で肉づきもよく、トークもやわらかいのでいろいろな面でほっとさせてもらえます。

女の子のおっぱいが大好きです。 特にこぼれんばかりの巨乳が大好きです。 巨乳を見ると揉みたくなるし、乳首を転がして吸いたくなります。 巨乳の女の子を愛撫すると反応もすごくかわいいので、風俗遊びをするときは福岡のおっぱいフェチが喜ぶ巨乳専門店へ出かけることにしています。


巨乳でしたらなんでもいいという訳ではなく、やはり大きくて形が良くて針と弾力があるおっぱいでないと満足できないです。 それに女の子の容姿もかなり重要です。 大人っぽい女の子もいいですが、ロリ顔をした巨乳もすごく好みです。


おっぱいフェチのお店では必ず、パイズリをしてもらうことにしています。 パイズリができるのは巨乳の特権です。 あの大きなおっぱいに陰茎をホットドッグのように挟んで亀頭を気持ちよく舐めてもらうと本当に最高です。 もうおっぱいがないと風俗で気持ちよく抜くことができないというほどハマっています。 もちろん、〆は後ろから責めておっぱいを揉みながらバック素股をすることです。

僕は正直人には言えないようなフェチがあり、今の彼女にもその事が言えずに悩んでいました。 それはどのような事かというと、女の子のパンティーを履き気分を味わいながら感じる事が好きなのです。 特にパンティーの色もピンク色を履くと、一番興奮してしまいます。


家でオナニーをする時には履きますが、彼女の前では履く勇気がないので福岡にある風俗店でそういったフェチも受け入れてくれるようなところで楽しみたいと思いました。 どこかお店はないのかと探していると、基本料金の中で受け入れてくれるデリヘルが見つかったのです。


早速頼み、自宅で女の子と楽しむ事にしました。 女の子は到着すると家を汚さないようにタオルなどを敷き、準備をしながら服を脱がせて体拭きまでしてくれました。 そしてマッサージをしながら、顔面騎乗や聖水なども行って楽しませてくれたのです。 この後に僕の希望でもあったパンティーを履いてのプレイも行ってくれたのですが、いやらしくペニスなども刺激されて、普段以上に気持ち良くなってしまいました。

福岡にはいくつものフェチ風俗店があります。 私がお世話になっているのは脚やお尻、それに匂いをテーマとしたフェチプレイ専門店です。 遊び方は簡単で、最初にコンパニオンを指名して、次にコスチュームやパンストといったアイテムを選んでいくだけです。


その後は自分の好きなフェチプレイをコンパニオンにお願いするだけですから、プレイの範囲内でならあらゆる変態的欲求を満たすことができるでしょう。 私は基本的にミニスカとパンストというスタイルが大好きなので、顔よりも足がキレイな女の子を選んで指名することにしています。


実際に遊ぶときは、太ももに頬ずりしたり、足を舐めまくったり、足のニオイを嗅いだり、股間を足踏みしてもらったりと、やりたい行為は全部やります。 そして、最後は必ず足コキでフィニッシュさせてもらうのですが、パンストを履いたままだと物凄く気持ちいいからお勧めです。 足の裏や指先を使ったコキでも、膝裏に挟んでもらっても最高だと思います。

男性は皆同じようないやらしい事が好きかというと、違うのではないでしょうか? 責めるのが好きな方がいれば、責められる事が好きな方もいると思います。 女の子が手が大好きな方もいれば、ロリっぽい女子高校生のような子が好きな方もいて、本当に様々でしょう。


そのような願望を持っていながらも、なかなか叶える事ができずにいる方もいるかもしれません。 普通に彼女などとこの願望を叶える事が難しい場合には、福岡でフェチの方もOKな風俗店で楽しみましょう。 まず女の子もそういったフェチに関して寛容で、人には言いにくいようなプレイも行ってくれます。


お店によっては基本料金の中でフェチプレイを楽しませてくれるところもありますので、料金関係も安心して頼む事ができます。 そんな女の子にコスプレをさせたり、生足を触らせてもらって舐めさせてもらったりと自分の願望を十分に叶えましょう。 しっかりとペニスも刺激してもらう事ができますので、快感も堪能できますよ。

人間には様々な欲求があります。 睡眠欲や食欲などがありますが、中でもどの時代でもどんな状況でも耐えることがないものが性欲です。 その他の欲望は自分の力で何とかなりますが、性欲だけは一人ではなかなか満たしきれません。


そんな時に風俗を利用することで自分の性欲を変な方向へ向けてしまったり、もんもんとした気持ちを抱えて生活していかなくても済みます。 そして、性欲には人それぞれ、興奮のつぼというものが違っています。 それは好みの問題でもありますがフェチと言われています。


足が好きな人やおっぱいが好きな人、そしてロリコンの人など興奮するポイントは様々ですが、それをフェチと呼んでいます。 そして、日本有数の大都市である福岡にももちろん多くの風俗店が存在しています。 そしてそれだけの風俗があるということは様々なジャンルのお店が揃っていますので、自分の好みにあったお店でそして、自分のフェチを満足させてくれるお店を探して存分に愉しむことが出来ます。

誰にも言いにくいフェチを持っている方は意外といるものです。 しかしその事を正直に打ち明けられない為に、満足のいく女性との楽しい時間を送る事ができないままでいる方もいるでしょう。 もしそうだとしたら、そういった感情は専門風俗店で叶えてみてはどうでしょうか?


博多にある専門風俗店の中には、このような満たされないフェチを叶えてくれるお店があります。 例えばこれはその方によると思いますが、女装であったりコスプレであったり、とにかく女性のワキが好きでたまらない・・・などその方によって違うと思います。


法律に反するようなプレイはできませんが、このような女装やワキを感じていたいなどの趣味であれば、女の子に伝える事で楽しむ事が可能です。 中にはこのようなフェチを有料のオプションとしてではなく、無料でサービスしてくれるようなお店もあります。 他にもペニスの刺激や新しい快感部分の開発も行ってくれますので、十分に心を満たしながら楽しむ事ができるでしょう。

かつては「アイドルファン」といえば10代の男性が大多数だったものでしたが、昨今のアイドルファンは10代だけでなく30代や40代といった中年男性にも、非常に数多くいらっしゃいます。 当然そういったアイドル愛好家の男性というのは、自分がオナニーする際のズリネタに贔屓のアイドルとエッチな行為をシチュエーションを妄想するものです。


ちなみに僕は先日福岡でフェチ専門風俗店に行きましたが、そのお店では現在大人気の僕の大好きなアイドルグループのコスチュームが選択できるようになっていたので、僕のようなアイドルフェチにとっては普通にサービスを受けるのと比べてメチャクチャ興奮させられました。


また通常、風俗店で選択できるコスチュームといえば作りが大雑把で安っぽかったりするのが常識なのですが、僕が利用したお店のコスチュームは細部までこだわって作られており、またそれを着ている女の子も実際のメンバーと遜色ないレベルの可愛い子だったので、つくづく福岡の風俗店のレベルの高さは侮れないなと実感させられてしまいました。

人に存在する性欲。 その興奮のポイントというべきところは人によって様々です。 それをフェチという言葉で表します。 おっぱいが好きな人、お尻が好きな人、足が好きな人などわかりやすい形での好みも存在していますが、なかなか理解されないようなものやピンポイントのものも存在します。


日常ではなかなかそのポイントを持った人と出会うのも難しいですし、それ以上にそこが好きという事をパートナーに言って変わった事をすることを打ち明けることも理解してくれるかという不安もありなかなか言い出せないものです。


そんな時こそ風俗に行くべきです。 風俗ではきちんと大丈夫な事をわきまえた上で、自分の欲求を思うままに相手にすることができますし、相手もわかってくれているのできっちりと理解してくれます。 普段、オープンにできないような事でもオープンにして楽しむ事ができるわけです。 福岡にもそんな様々な欲求を満たしてくれる風俗店が沢山あるので福岡に行く時には自分の理性を外して適度な範囲で思う存分夜の街を楽しんでみることも大切なことです。

フェチズムの扱いは、意外と面倒です。 一般女性相手にそれを見せてしまうと、 何だか誤解されてしまいますし、最悪の場合、別れ話に発展し兼ねません。 フェチと一口に言っても、今では色々な性癖があります。 メジャーなところでは、足や指、脇やお尻といったパーツ萌えが有名です。


またシチュエーションやコスチュームに色気を感じる男性陣も多いでしょう。 そういった濃厚なプレイを味わいたいなら、やっぱりアマチュアよりもプロです。 博多の歓楽街には、フェチズムを刺激してくれる専門店があります。 独自のコスプレやシチュエーションプレイを売りにしている店舗があり、 それぞれ店独自のサービスに特化しているので、来店前に調べておけば、 安心して入店できます。


制服萌えの方にはやっぱり、 チャイナドレスやメイドさんといった、コスプレ系の専門店がオススメです。 ナース服やスーツ姿、女子校生の衣装を身にまとったスタッフが、 優しく男性をケアしてくれるので、疲れた心身を存分にリフレッシュ出来ます。

はるか昔に九州の高校に通っていたのですが、その頃博多の風俗街は知りませんでした。 今、社会人になって風俗街を訪れると、かなり遊べるスポットが多いことに気づいたのです。 福岡のフェチのお店でとことん楽しむなら、下調べを怠ってはいけません。 どんな子がいて、どういうサービスが受けられるか、自分のこだわりも明確にするといいでしょう。


実に多彩なサービスが売りの福岡のフェチ専門店は、セーラー服プレイからソフトSM、ストーリー仕立てなど、かなり幅広いプレイができます。 どこまでできるかはお店次第ですが、私が経験した所、かなり無理も聞いてくれるようでした。 教師と生徒プレイは風俗嬢の子がノリがよかったので、かなりはまってしまった記憶があります。


ノーパンプレイや靴下だけプレイ、足だけをなめるプレイなど、ディープなこだわりもここでは当たり前です。 私はけっこうアブノーマルが好きなので、女の子のアナルをなめさせてほしいといったら、別料金だといわれ、払ってなめた記憶があります。

新しい経験をすると、人は一回り大きくなれます。 福岡でフェチ専門風俗へ行った人が、そこでめくるめく体験をしたと語ってくれたのは、私にとってプラスでした。 彼は同僚でも有名な風俗マニアでして、デリヘルからソープまで、全国どこでもかわいい子がいれば行く、男の中の男です。 彼の手にかかれば、出張も風俗旅行に早変わりします。


きちんと計画を立てていけば、どんな風俗も怖くありません。 広い福岡でフェチ専門風俗へ行く場合、まずはアダルトサイトでの情報収集が要になります。 どこに行くにせよ、ある程度の情報を持ち、それを役立てていければ問題ないのです。 ニーソックスや猫耳など、見た目にこだわりを持つ人も、ぶっかけ、素股などプレイにこだわりを持つ人もいます。


優秀な風俗嬢は、お客のどんなニーズにもこたえてくれます。 デリヘルなどはオプションサービスをあらかじめ決められるので、最初の段階で注文をつけておけば、希望通りのプレイができるでしょう。 それは、お金を払うだけの価値があることです。

いつもは、女の子を喜ばせて楽しんでいるお客様も、 たまには福岡のフェチ専門店で受け身になって、 女の子から一方的に受け身のサービス受けて楽しんでみるのも いかがでしょうか。 フェチ専門というと、ハードなSMやマニアックなイメージがあるかもしれませんが、 そこまでハードでもありません。


ただ、お客様が受け身になって、女の子のサービスを受けるだけで、楽します。 ホテルに入ったときから、服を脱がしてくれて、身体洗いまでゆっくり サービスさせてもらっています。 ボンデージも着用しないので、怖い女王様という感じではありません。 コスプレで希望があれば、女の子の個人アイテムで紹介しているアイテムなら、 着用できますのでご相談ください。


形からあまり入らずに、エロい存在を女の子が持っているので、 目線や態度から、官能的な気分をお客様には味わっていただけたら、 と思っています。 福岡のフェチ専門店では、女性のサービスだけでなく、 容姿も美しくはじめてでも満足いただけると思ってます。

エッチなサービスを受けるときに普通のプレイもすごく楽しいのですが、女子高生の制服やOLさんやキャビンアテンドさんの制服に萌えてしまったり、おっぱいや太ももに非常に強いこだわりがあって、そこだけは譲ることができないという男には誰にもわからないフェチがあります。


福岡のお店でしたらあなたが希望するフェチを持っている女の子が在籍しているので、ここで男の夢をかなえてとびっきり叶えることができそうです。 制服からおもちゃにボディーパーツなど細かく分類されているので必ず自分だけの女の子を見つけて理想的なプレイを実現することができそうです。


太い目の太ももの女の子が着用するセーラー服は本当にたまりません。 これほど理想通りに叶えてくれるだなんて思わなかったですし、このシチュエーションでのオイルマッサージは極上に感じてしまいます。 フェチってすごく大事です。 もっとこだわりと持って福岡のお店で遊んでみると最高の快感を得ることができます。

人間が一番無防備な状態が私は好きです。 その一つが用を足すときで、特に女の子がおしっこをしている姿は昔から大好きなんです。 私は幼女には興味はありませんが、おしっこする幼女には興奮します。 つまり、そのくらいの尿フェチなんです。


最近のM性感などのお店で聖水プレイってありますよね。 私がアレがすごく大好きなんです。 胸を張って自分は女の子のおしっこをする姿もおしっこも大好きだって宣言できますからね。 それが本当に嬉しくてたまりません。


おしっこプレイを聖水っていうふうに誰が名付けたのかは知りませんが、じっくり観察すると、言葉通りものすごく神秘的で美しいです。 出る前の筋肉の収縮とか、出る瞬間の勢いとか、出た後の放物線とか、湯気やニオイとか、女の子の恍惚とした表情とか、本当に神が与えたもうた奇跡っていう感じがします。 聖水を知らない人は福岡みたいな都会なら必ずありますから一度プレイしてみてください。 共に聖水フェチになりましょう。

人には色んなフェチがあるのでしょうが、私の場合はおっぱいフェチです。 それも乳首フェチという普通の変態です。 アソコよりも乳首のほうが断然好きですし、キスよりも乳首舐めのほうが興奮します。 福岡でフェチができるM性感のお店に行っても、ほとんど乳首を舐めあいっこして時間を過ごしますから、たぶん女の子も飽きられているとは思います。


それでも乳首が大好きなのでやめるつもりはありません。 そして今一番ハマっているのは女の子との乳首舐め対決です。 お互いの乳首を舐めながら性器を指で刺激して、どちらが先にイってしまうかをタイムで競い合います。 本当は一緒に舐めあいっこしたいんですけど、体格差とかあって厳しいんですよね。


でもすごく楽しいプレイなので気にいっていますし、女の子も乳首が敏感な子を選んでいるので満足してもらっているような気がします。 勝負のほうはというと、ほとんど自分が負けますね。 やっぱりお店の女の子は経験値が違うからテクニックに差がありすぎますね。

私は三角形や台形が大好きなんですが、特に好きなのは女の子のパンツです。 中でもスカートからのぞくパンツが大好きで、完全なパンチラフェチなんですよね。 さらに付け加えるなら、女子高生の制服から見えるパンツが一番好きで、よくAVなんかでも観賞しているくらいです。


ですから福岡まで出て風俗に行くときも、必ず女子高生の制服があるお店でパンチラプレイをします。 女の子に色々な体勢になってもらって、スカートからチラっと見えるパンツを楽しんでいます。 もちろん、最後のほうでは見るだけでは飽き足らなくなってくるので、結局はスカートやパンツの上からアソコをいじりまくるんですけどね。


そして最後は必ずパンツを穿いてもらったままシックスナインの体勢で手コキでイカせてもらいます。 もちろん自分はクンニしている状態です。 射精するときは当然、パンツにかけさせてもらいます。 そして自分の精液がパンツに染みていくのをじっと見つめるんです。

その人によって好きなことは様々ありますが、性生活の中でもフェチと呼ばれる自分だけが好きなことがある方もいるでしょう。 特に多いのがナースや制服が好きだというコスプレが好きな男性もいるのではないでしょうか?


普段はお仕事をしているので、そのナースや学生と性的な体験をすることは難しいですが、お仕事中ではなく楽しい時間を過ごしているときには、この願いを叶えることができます。 できればかわいくて自分の好みの女の子に、そういった格好をしてほしいと考えている方もいると思いますが、福岡のフェチも受け入れてくれる性感マッサージで女の子を探してみてはどうでしょうか?


店舗型の風俗店ではないので、お店に行って女の子の顔を確認することはできませんが、インターネットでサイトを検索すると顔出しをしている女の子や、今日出勤している女の子をチェックすることができます。 その中から好みの女の子を見つけて、コスプレをお願いすることが可能です。 マッサージを中心としたペニスやアナルプレイも楽しめます。

遊ぶには九州は適切な場所です。 特に風俗街は大きくてわかりやすく、リーズナブルなお店がたくさんあります。 専門的なお店もたくさんあるので、好みがかなりディープな人でも代表部な所が売りでしょう。 福岡のフェチ専門店はかなりレベルの高い子をそろえているお店が多く、それはこの地域の風俗レベルの高さをうかがわせてくれます。


典型的な福岡のフェチの例を見ると、めがねや足、うなじなどオーソドックスなものがあります。 特に女性のうなじなどにフェロモンを感じる男性は多いので、そこにペニスをこすりつけているだけでもイッてしまうくらい専門店の女の子は見せ方が上手です。 どれくらいお客が入るのかをネットで調べてみると、一日でかなりのお客をとるとわかり、盛況な様子がうかがえます。


旅行をした時には風俗周りをするのが趣味になりました。 特に九州では博多が一番好きでして、いろいろな種類の風俗店があるのが好ましく、いつも趣向を変えて遊ぶようにしています。 ここでは一度行ったお店でもリピートしてみると違った顔が見られるのです。

男性なら誰もが自分独自のフェチ感がありますよね。 私もかなり願望を強く持っていたのですが、なかなか彼女には言えない状況でした。 しかし先日福岡に行った時にフェチな風俗店を発見することができたのです。 彼女にはもちろん内緒でドキドキしながらそのお店に入ってみることにしました。


先にコンパニオンを指名するのですが、福岡の女性は綺麗な人ばかりでかなり迷ってしまいます。 自分好みのタイプを指名してコースを閲覧していると、オプションもたくさんあることがわかりました。 私は足フェチだったのでスレンダーな女性を選んで足コキのコースを選択し、プレイルームを移動。


指名した綺麗な女性が入ってきてすぐにプレイに移ります。 とても足が長くて綺麗で大興奮してすぐに性器はMAX状態になってしまいました。 足で乳首をいじられたり、足を舐めたりしてマニアックなプレイを堪能できて大満足な状態で射精。 こんな店が福岡にあることにビックリしながらも必ずまた来ようと思いました。

世の中には様々なフェチの方がいらっしゃいます。 たとえば、匂いフェチというのもそうですし、○○プレイフェチという方もいらっしゃいますし、私なんかはじらしプレイフェチだと思うのです。 実際にじらさずにやるよりも、じらしたほうが相当な射精感が味わえるそうですしね。


やはり射精感が強いということは、性的な刺激を感じるということで、脳内のHな気分が続いていたほうが、最高の気分になれると思うのです。 たとえば、女性の愛撫もおっぱいモミ続けるよりも、さーとなでるように触ったほうが、いった時の感度がすごいのと一緒なのです。


さて、今回紹介の福岡痴女性感フェチ倶楽部はそういうじらしフェチにはたまりません。 男性の産毛をフェザータッチでしぶとく愛撫してくれるのです。 徹底的にじらされたうえでの射精はたまらないものがあるんですよ。 しかもHモードを最大限に引き出してくれるのでお勧めなのです。 さあ、福岡でフェチプレイをやってもらおうではありませんか。

人には言えないような性癖を持っていると、本当はそのことをやりたいのに言えなくて苦しいものです。 同じようなフェチでも、足が好きや指が好きということであれば伝えやすいですが、これが女装をしたいということになってくると言いにくいものです。


想像の世界の中で気持ち良くなることもできますが、現実のこの思いを叶えながらエッチな体験ができたら嬉しいですよね。 福岡の性感マッサージ倶楽部では、このようなフェチがある方も楽しみながら風俗店で遊ぶことができます。 決して、女の子は女装をしたい話を聞いても、バカにすることはないですし、要望をしてくれた方がもっと楽しい時間になるので嬉しいものです。


自分は女装をしてブラジャーやパンティーを穿き、女の子に責めてもらいながら感じるのもいいでしょう。 性感マッサージ倶楽部では、フェチを満たしてくれるだけでなく、マッサージを取り入れながら体を解してくれて、さらにはペニスやアナルまで気持ち良くしてもらうことができます。

フェチの歴史は古く、現在のフェチの原型ができたのは1887年に心理学の分野でアルフレッド・ビネーが本来の性的な対象でないものに性的魅力を感じることをフェティシズムと呼ぶように提唱したことが始まりです。

フェチとはフェティシズムの略称で、人類学、宗教学、精神医学、経済学など広い分野で使われる用語です。
フェチには大きく分けて2種類あり、
「本来のフェチ又はフェティシズム」と「俗語のフェチ又はフェティシズム」があります。

本来のフェチは、物品や生物又は人体の一部などに強く引き寄せられて深い魅惑を感じることです。
一方、俗語のフェチは、性的フェティシズムを指すことが多く、
本来のフェチが深い拘りや魅惑を感じることを指しているのに対して、単なる性的嗜好程度(○○が好きという程度)の意味で使われています。

例えば、おっぱいフェチを例に挙げると、
単に胸の大きな女性との交際又は性行為が好きなのは「俗語のフェチ」であり、
厳密にはフェティシズムではなく、胸が大きい女性との交際又は性行為しか不可能という性的対象の歪曲があり、尚且つそれが持続しているのが「本来のフェチ」です。

フェチの対象となる事象は年々広く深く、そして深層化していきました。
脚、脇、尻、二の腕、髪、手指、うなじ、鎖骨、胸、ヘソ、体毛、ほくろ、刺青、唾液、糞尿、盲腸の傷跡などの身体の一部にフェティシズムを感じるものや、
パンスト、眼鏡、ブーツ、手袋、学生服、香水、眼鏡などの衣服や服装の一部、又は人間が身につけるものに対するフェティシズム、お漏らし、寝顔、言葉責め、水や泥水に濡れた姿、煙草を吸う姿、ギターやピアノを弾く手指、サッカーや陸上をしている脚、鍛えられた腹筋などの特定のシュチュエーションや相互行為に対するフェティシズム、
女子高生、人妻、女装、肥満、妊婦、などの特定の属性に対するフェティシズムなどがあります。
これらは、それを行う人より衣服や排泄物、特定の動作そのものに対して異常な関心を示す点が特徴的です。

但し、思春期に性的好奇心の高まりによって、
これらのものへの執着が生まれるのは必ずしもフェチとは言い切れません。
6か月以上にわたる生命の無い対象物に対する強烈な性衝動、妄想、行動が持続かつ反復し、その性衝動、妄想、行動によって著しい苦痛又は社会的職業的な弊害を引き起こしている場合にフェティシズムと診断されます。

現在ではこの俗語のフェチが広まったために、本来のフェティシズムと混同されていることが多くあります。
異性ではなく同性に関連する事象に対して性的興奮を覚える人などが同性愛者であると誤解されるのもその1つです。
この場合、対象となるのは「同性」ではなく、あくまでも「それに関連するモノ」であるため、フェチの人と同性愛者がイコールであるわけではありません。
⇒福岡のフェチとは・・・