スマホ版に切り替え

HOME -> 男の潮吹き 体験談

旅行先だったからでしょうか、私は福岡で今までに行ったことのないタイプの風俗店に行ってみました。 男が女性の様に潮を吹くことができる、男の潮吹きを得意としている性感マッサージ店です。 こちらのお店では、普通の性感マッサージの延長上に男の潮吹きがあるとのことでしたので挑戦してみました。


福岡は、女性が見た目を気にしていて可愛い女の子が多い街です。 そのため、私がその時に行ったお店も、普通の可愛い子が出てきたので、こんな普通の子にそんなテクニックがあるなんて信じられない、と思ったのです。


しかし、プレイが始まれば、そんな不安は吹っ飛んでしまいました。 完全受身だった私は、なすすべなく絶頂へと向かっていったのです。 ただただ、声を出すことしかできなくなる程の気持ちよさでした。 そのまま、絶頂で射精だと思った瞬間、急に亀頭攻めに変わりました。 痛いような気持ちいいような不思議な感覚に包まれ、責められ続けたのです。 そこから数分後、絶頂気分の中、まるで潮をふくように、液体が飛び出したのだ。 これが私の初めての潮吹き体験談です。

中洲のM性感で生まれて初めて亀頭責めというものを味わった体験談です。 指名した女の子は大人しそうな雰囲気でしたし、それほどスゴイことにはならないだろうと高を括っていたのですが、悶絶しそうになるほどのプレイでした。 まさか亀頭責めが竿でしごくことすらされないなんて思ってもいなかったんです。


言葉通り、本当に亀頭のみを責めまくって、しゃぶられたり弄られたりします。 しかも、軽くタオルで手足を拘束された状態で徹底的に責められますから、自分の力でイキたくてもどうしようもないんです。 完全に女の子側に全てを握られている状態で、射精のタイミングさえコントロールされてしまいます。


ですから、寸止め状態が長く続くことになり、気持ちよさとイケない感覚で思わず叫んでしまいそうでした。 極めつけはストッキングでの亀頭責めで、快感度は物凄いのにイケないという快楽地獄です。 しかし、貯めに貯めた分、フィニッシュの瞬間は人生最高の気持ちよさでした。

こないだ福岡に行く機会があったのですが、そこでとっても気持ちの良い体験をしてきました。 初めて利用した風俗店だったのですが、実際に経験をした方の体験談がとても気持ち良さそうでうらやましいと感じたからです。


その体験というのが亀頭責めなのですが、実は昔からオナニーをする時にもこの部分を中心に擦ってしまう程でした。 でも自分で刺激をするのも気持ちが良いのですが、プロの女の子に擦ってもらうのは格別に気持ちが良いものです。


服を脱がすところから優しく行っていき、さらには体全身をマッサージしてくれます。 そしてなかなかペニスを触らずに焦らされてしまうのですが、その後には一気に触られてしまうのでそんなに時間をかけなくても射精をしてしまう程です。 射精をした後も亀頭責めを行い、苦しいような快感を味わう事となります。 僕がもうダメとなった時には声を我慢する事ができずに大きい声で喘いでしまったのですが、その時に透明な潮を吹いてしまいました。

中洲で男の潮吹きが人気になっているという体験談情報をゲットしました。 それもノーマルの男性からではなく、M男に人気になっているという話です。 このプレイはよくM性感系のお店で扱っていることが多いのですが、追加料金などが発生しないのが普通なので気軽に試せることから、ハマってしまうM男が続出しているみたいです。


その理由として挙げられるのは、男の潮吹きが辛いということです。 射精後に亀頭責めを受けるために、性的な刺激を受けながらもキツイという不思議な状態ができあがることになります。 これがM男にとっては通常の気持ちよさを遥かに凌ぐことのようです。


しかも、亀頭責めを受けている間、言葉責めを受けたり、乳首舐めをされたり、アナルマッサージをされたりと、M男にとってはたまらない連続攻撃が繰り出されます。 M男にとってはイク瞬間よりも、この責められている数分間がたまらないとのことです。 私も今度中洲に行って、どんなものか確かめてきたいと思います。

先日、出張先の福岡中洲で風俗店のお世話になりました。 出張族のひそやかな楽しみです。 今回のお店は、Mの人にもオススメな男の潮吹きのできるお店ということで、別にMでもない自分はちょっとためらったのですが入ってしまいました。 そのお店での体験談です。


最初は普通の刺激で、これまた普通に射精してしまいました。 射精自体もちろん気持ちがよかったのですが、いつもならそこで終わりなのに刺激が終わらずオイルなのかローションなのかとにかく濃い目の液体をたっぷり使って亀頭への刺激が続きました。 射精してしまっていますから最初はくすぐったく感じたのですが、我慢してねと言われて挑戦してみることにしました。


女性はよく、性行為のオーガズムが続くと「もう許して」と叫ぶようですが、そのうち私もだんだんそんな感じになってしまいました。 オシッコが出そうな感じが少しずつ強まり、出したいのに出せないというか、出してしまいたいのにこのまま続けて欲しいようなわけのわからない強い快感に襲われてしまったからです。 そのうち、恥ずかしながら自分を抑えることができず、女性のように甘い声をあげてしまいました。 そして突然、意思とは無関係にまた射精以上の快感をもって液体を放出してしまいました。 これが潮吹きか、と今まで知らずに損した気持ちですね。

中洲界隈で遊ぶ事が多いものですから、風俗情報をこまめにチェックしています。 ある時、"男の潮吹き"なるものの存在を知り、体験談をチェックしてみました。 今まで味わった事のないような、快感を味わえると評判だったので、早速中洲のホテルでサービスを受けてみる事にしたのです。


最初のうちは、オナニーと大して変わらないだろう、そう高を括っていました。 ところが女性に体を委ねているうちに、恥ずかしさもあったのですが、こそばゆさもあって次第に興奮度が増してきたのです。 亀頭を中心に、あらゆる刺激を受け続けているうちに、「あぁ!」という喘ぎ声を思わず発してしまいました。 中洲中に響き渡ってしまうのではないか、と思わず赤面してしまうような大声でした。


男の潮吹きについての体験談に記載されていたような、悶える様な快感に身を包まれ、ついに絶頂を迎えました。 私の場合、オナニーとは比べ物にならない、数百倍の気持ち良さを味わう事が出来たのです。 ぜひ一度、体験談を読み、男の潮吹きを味わって頂きたい、切にそう願っています。

男の潮吹きと聞いてピンと来ていない方もいるかもしれませんが、これは体験をすると病みつきになってしまう気持ち良さです。 もっとどのような感じで行っていくのか気になったら、中洲での男の潮吹き体験談を参考にしてみると良いでしょう。


ペニスをしごかれる時に普通であれば竿を擦られる事も多いと思いますが、男の潮吹きを行う為には亀頭を中心に責める事になります。 そしてお店によってはまったく竿を一切しごく事なく、亀頭だけを擦る事を亀頭責めと呼んでいたりもします。


いやらしくそして激しく擦ってもらう事ができてしまう為、快感でありながら苦しい・・・といった気持ちに襲われる事となるでしょう。 もうあなたの中でこれ以上はダメ・・・と思っても女の子が手を止める事がないので、体全身でおかしくなってしまいます。 体はゾクゾクしてきて最後におかしくなってその気持ちが頂点に達した時には、潮を吹く事となるでしょう。 なんとも言えない快感に驚きますよ。

九州最大の歓楽街でもある中洲は男にとって最高の癒しの場です。 先日も最近話題になることも多い男の潮吹きを成功させてきたので、その体験談をしてみたいと思います。 もちろん、男の潮吹きを基本プレイに入れている専門店での話です。


まずビックリしたのが、男の潮吹きには前潮と後潮があるという衝撃の事実でした。 射精の前と後に行うというだけの違いですが、前潮は気持ちよさでイクことに耐えるのが大変で、後潮は敏感な亀頭への刺激に耐えるのが大変でした。


しかしながら、辛さもある後潮のほうが成功しやすいです。 実は私は前潮はまだ成功していません。 後潮に関しては、女の子が射精後に乳首やアナルへの刺激をしながら、耳元で言葉責めをしているうちに5分もしないうちに達していました。 私の場合は無色無臭の液体が1メートルほど噴射しました。 股間のあたりが急に熱くなってきたかと思ったら、おしっこが漏れそうな気持ち良いような不思議な快感でした。

風俗好きの私は、よく中洲界隈の風俗サービスを利用している一人です。 ただしここ最近は、お気に入りのプレイ、お気に入りの風俗嬢ばかりを相手に選んでしまう、安定志向が強かったように思っています。 そこで風俗はもっと大胆に、新しいことにチャレンジしなきゃ、と改めて考え、男の潮吹きなるものにチャレンジしてみました。


体験談をここから書きますが、まず最初に言っておきたいことは、潮吹きは、女性だけのものではないと言う事です。 気持ち良さの度合い、その種類や感じた方もセックスとはまるで別物で、人によっては、男の潮吹きを好まれる方もいらっしゃるはずです。


中州のホテルの一室で初体験を迎えた私は、風俗嬢が上手だったからなのでしょうか。 初めてにもかかわらず、すんなりと、そして豪快に目的を達成することができました。 普通にテコキで射精をした後、萎えた亀頭をしつこくこねくり回し続けられました。 最初はとにかくくすぐったいだけ、もう反応しないよ、と思っていたのですが、しばらくすると、私の下半身に違った感覚が流れ込んできました。 ゾクゾク、フワフワ、そんな感じで尿意に近いものを感じで、しばらく続くと大量の潮を吹いたのでした。 この異質感といいますか、スッキリ感にはまってしまった私は、今では毎回これを求めて、風俗を利用している状況です。

男の潮吹き専門店があることは知っていましたが、あえて専門店ではないところでできる人を探しました。 すると、ソープのなかの一人に女の子がプロフィールにできると明記してあったのです。 中洲だったので、すぐに遊びにいくことにしました。


一度は潮吹きを味わったことがあるのですが、それはやみつきになる快感でした。 今回は中洲で味わった潮吹きの体験談です。 現れた女性は、上品な感じでした。 しかし、プレイに入れば焦らしながら快感を与えてくるのです。


鉄格子に手と足を縛られ、身動きができない状態です。 それまでにないプレイだったので、それだけでも興奮しました。 たったまま女性に手で射精まで導かれました。 そのあとは、ローションをたっぷりとかけられ射精したばかりの性器を攻撃されました。 足が立たなくなっても、足を縛られてるので座ることもできません。 そのまま責め続けられると、潮吹きをする感覚が近づいてきました。 女性に思いっきりかけて、声をだしつくして快感がおとずれました。

九州最大の歓楽街博多・中洲のM性感風俗で遊んだ時です。 やってきた女性がとにかくエロかったので楽しい時間を過ごすことができました。 風俗で遊ぶときの私のポリシーは予約のときに「お店で一番エッチな子」を指名することです。 ルックスとか性格とかよりもエッチ度を重視しているのです。


やってきたのは20代後半でお色気ムンムンの女性でした。 清楚な感じで実はドスケベというのもギャップがあって萌えますが、エッチで頭の中がいっぱい、フェロモンを常に分泌させているメス犬のような女性も私の好みです。 今回はまさにそんな女性を派遣してくれたのでとても嬉しかったです。


このお店は男性完全受け身という方針なのですべてをお任せしましたが、ビンゴでした。 私の局部を女性は触って放すことはありません。 常に握っているか、揉んでいるか、しごいているかのいずれかで徹底的に愛撫を加えて来ます。 油断をしていたら精液とも尿とも違う無色透明な液体が噴出しました。 女性によるとこれが男の潮吹きなんだそうです。 こんなの初めてで気持ちよすぎてびっくりしました。 これが私の男の潮吹き体験談です。

男の潮吹きを体験しようと、自分で何度か試したのですが、上手くいかず、中洲の店に行きました。 そもそも男の潮吹きがどんなものか、知らない男性も多いのではないでしょうか。 正直なところ、僕は知らないと人生損をしてしまうと感じるほどの快感を体験しました。 男であれば1度は体験しておくべきだと心底思ったので、体験談として残そうと思います。


潮吹きを体験するにはまず、射精しなければなりません。 射精後というのはペニスがへにゃっとなっていますよね。 しかし担当してくれた女性は、この僕のペニスを指でこすり刺激していってくれました。 ソフトなタッチなので、痛くはないですよ。


しばらく擦られているうちに、射精のときとは違う快感が広がっていって、体がビクッとなって、ペニスから液体が出ました。 色は透明で、匂いなどは特にありませんでしたね。 なんとこれが潮だったのです。 そして中洲のお店は女性がとても美人です。 だから男の潮吹きを体験するのなら、中洲をおすすめします。

ドライオーガズムと、同じくらい気持ちいいプレイがあることを知ってしまいました。 その名を男の潮吹きです。 一体、どんなものなのかと思い、僕は中州にあるお店に足を運びました。 どうして体験談として残しておきたかったので、今からそれを書いていきますね。


なんといっても中州のお店の魅力は、女の子のレベルが高いことではないでしょうか。 容姿はもちろんのこと、テクニックがすごいです。 潮吹きを体験するにはペニスの先を擦ります。 これは力が強すぎると当然のことながら痛いですが、まったく痛くはありませんでしたね。


その適度な力加減な擦られているうちに、体がブルブルッとなります。 そこからが凄くて、透明な液体が先っぽから飛び出しました。 なんというか、そのとき、すごく気持ちがよかったのです。 例えるならば「ふわふわの布団に乗った」感じでした。 僕の中洲で経験した男の潮吹きの体験談を読んで、共感してしてくれた方がいたら、ぜひお店に行って欲しいです。

男の潮吹き体験談です。 博多に行けば中洲につい足が向いてしまいます。 この地域はデリヘル、ソープなどの風俗が最も元気のある男の歓楽スポットなのですが、先日から嵌っているのがM性感のお店です。 男性が何もしなくていいというのが、気に入って頻繁に利用しています。


男性が何もしない分、女性の方がひたすらご奉仕してくれるのがコストパフォーマンスから見てお得な感じがして、M性感を覚えてからデリヘルの利用はほとんどなくなった気がします。 今回やってもらったのが亀頭責めで、女の子にひたすら亀頭を嬲られるプレイです。


女の子が穿いていたパンストの局部部分にローションを塗ってこれで亀頭を包み込んで愛撫するという精神的にも肉体的にも興奮を掻き立てるプレイですが、逝きそうで逝かせない寸止め快感が癖になってしまいそうです。 さらに一度射精した後、固めのローションで改めて亀頭を刺激していると無色透明の液体がピュッと言う感じで噴きだして来ます。 これが男の潮吹きで何とも言えず気持ちよく、M性感を利用する最大の理由になっています。

江戸時代くらいから福岡は風俗のメッカでした。 ここを訪れる旅人は、美しい女の子に相手をしてもらい、旅のすばらしさを満喫したものです。 今もその名残は風俗街に見られ、ネットではその時のことを博多で男の潮吹きをした体験談として記しているサイトすらあるのです。 確かに最近はM系のサービスが主流なので、男が潮を吹くのも珍しくないでしょう。


私自身もSM系のサービス愛好家ですから、潮を吹いたことはあります。 この時は20代の女の子二人がかりで拘束され、乳首攻めやアナル攻め、言葉攻めなどを繰り返され、寸止めされ続けて、ものすごい勢いで潮を吹きました。 博多で男の潮吹きをした体験談にはどれもすごい経験をしたとの感想がついていて、それだけの値打ちがあったことを記しています。


社会人になると風俗通いが通例になります。 これは、サラリーマンの通過儀礼的な意味があるからです。 若い人たちはお気に入りのお店を見つけ、そこに通うようになります。 私の場合はそれがM性感やSMクラブだったので、このような結果になったのでしょう。

もどかしさと狂おしさでたまらなくなるような風俗プレイをしたことがありますか。 博多で男の潮吹きをした体験談はアダルト掲示板でいくつも見かけますが、これらは最終的には大きな快感を得たことで結ばれています。 どうして男が潮を吹くのでしょう。 そのメカニズムは、おしっこを我慢することに答えがありました。


デリヘルなどでも簡単に潮吹きプレイが選べる世の中になり、九州の一大風俗地域である福岡でこれが受けられないわけがありません。 博多で男の潮吹きをした体験談にも、福岡で有数のSMクラブやM性感のお店で、かわいい女の子に寸止めじらしプレイをしてもらったとの記述が多数見られました。 それは、大変高度なテクであり、女の子がお客を観察する目が必要です。


お客の一挙一動を見て、次の手を考える女の子は、非常に気が回ります。 彼女たちは言葉攻めや拘束プレイの間にも、お客のペニスや顔色などをうかがい、最善の手を尽くしているのです。 どれくらい気持ちいいかは想像するしかありませんが、我慢するだけの値打ちはあります。

エッチな体験をしたいと思った時に、男の潮吹きの体験談を見て自分も同じような思いをしてみたいと感じた事はないでしょうか? 素人の女の子に求めても、この技は難しいのでできないものです。 もし博多でそのようなお店を探しているのであれば、博多で経験した男の潮吹き体験談を参考にしながらお店探しをしてみましょう。


福岡の性感マッサージ倶楽部では、女の子達が講習を受けていて技を持っているので男の潮吹きを体験させてくれます。 まず一切しごきなしで、亀頭だけをこねくりまわされてしまうのです。 しごきがないにも関わらず、とても気持ち良くなってしまい、だんだんに気持ち良さと苦しい感じに襲われます。


あなたが止めてほしいと思って、止めてと言っても女の子手は止まらずに亀頭を刺激されているうちにイってしまうのです。 射精後に刺激をされている場合には、男の潮吹きができるので自分から出るしぶきにビックリしてしまうでしょう。 パンストなども使いながら亀頭を刺激してもらう事もできます。

社会人になると風俗を通じての付き合いが多くなります。 福岡で働いている関係で、同僚の多くが博多で男の潮吹きをした体験談を語ってくれますが、彼らは総じて気持ちよかったとの感想をもらしているのです。 どうして男が潮を吹くのかなどは、彼らの話を聞いていてわかりました。 どうやらこれは、我慢の限界を超えることで得られる快感のようです。


いくつか博多で男の潮吹きをした体験談を聞いているうちに、お店や女の子のテクによって、快感度に違いがあると気づきました。 ベテランをそろえているお店もあれば、女の子の顔だけを重視しているお店もあります。 アダルトサイトで常連になっているお店ならば、確実に気持ちよくしてもらえて、かわいい女の子もいるでしょう。


福岡は性風俗の聖地です。 ここで受けられないサービスはないとまで言われているので、自ら潮を吹く体験がしたいなら、迷わずお店探しをしていきましょう。 どんな形で新たな世界が味わえるかは、ここでのがんばりにかかっています。

僕は普通のサラリーマンをしております。 それなりに業績を上げていて、時には出張なんかも依頼されたりすることもあり、充実した毎日を送っています。 ですが、私生活においては彼女はおらず、特に風俗に行きたいとも思わないので一人でするのですが、最近はマンネリになってしまい充実感がないのです。


オナニーする時の主なおかずは、ネットのエロ動画です。 初めは変な請求が来るのではないかと怖くて無料会員にしてたのですが、有料会員でないと見られない動画が多くてもどかしくなってしまい、有料会員になってしまった程、エロ動画は僕にとって大切なものになってしまっています。 そんな中、男の潮吹きという衝撃的な動画を見つけてしまったのです。


女性が潮を吹く動画は何度か見たことがありますが、男が潮を吹くのなんて見たことがありませんでした。 普段、男単体の動画なんて見ませんがじっくりと見て、少し感動さえしました。 出張で博多に行ったので、そこのホテルでやってみようと思い、すぐにオナニーをして射精してしまった後も気持ちが静まらないようにずっと扱き続けました。 そしたら、快感の限界を超えてしまった時に先端からぴゅーっと水が出たのです。 まさに動画のような光景でした。 なかなか、呼吸が落ち着かない程の気持ち良さでした。 オナニーの幅が増えたような気がして嬉しくなりました。 これが僕が経験した男の潮吹きの体験談です。

心から自分の求める風俗サービスを得ようと思ったら、アダルトサイトを検索するのが一番いいでしょう。 今は地域別にいろいろなサービスがあり、ピンサロからヘルス系まで、数多くのお店が軒を連ねているのです。 九州に行く機会の多い私は、あるサイトで福岡で男の潮吹きした体験談を見ました。 ここでは、思いがけない発見があるそうです。


福岡で男の潮吹きした体験談を書いた人は、今までディープなSM系のサービスにはタッチしてこなかったらしく、M性感のお店で初めて潮を吹きました。 彼は20代で、かなり下半身は元気だったようで、女性が潮を吹くのと同じような状態に自分がなったことにとまどい、驚き、喜んだのです。 男性は普通、射精による快感はさほど大きなものではありません。


しかし、やり方によってはその快感を何倍にもできるわけです。 彼の場合は最初からガーゼによる亀頭攻めと言葉攻めを繰り返され、哀願してもイカせてもらえなかったことが直接の原因でした。 それによって、確実に大きな快感が得られたのです。

AVを見ていると、男性のテクニックによって女性が潮を吹いている光景を度々目にします。 女優によっては、この潮吹きを自分でコントロールできると言う人もいれば、男性のテクニック次第で、痙攣するような感覚で、無意識に吹いてしまう人もいるそうです。


そんな潮吹きが、実は男の潮吹きも存在するということで、何とかこれを経験したいと思い、これを出来る風俗店を地元である福岡で探しました。 ようやく見つけたお店の予約を入れ、男の潮吹きをぜひ体験したいと伝えました。 すると、このプレイが上手な女性を派遣してくれたのです。


まずはリラックスする意味もこめて、風俗嬢によるテクニックで射精へと導かれました。 そして、ここからが本番です。 イッたばかりの亀頭を女性が決して話すことなく、ネチネチとこねくり回すのです。 これがとてもくすぐったく、ちょっとした拷問気分でした。 しかし、これを過ぎると不思議な感覚がやって来たのです。 その頃は意識も朦朧としていたのですが、気が付いたときにはシーツがびしょ濡れ、見事に男の潮吹きを達成したのでした。 この体験談を書いてるだけで、またあの時の不思議な感覚を味わいたいという思いが強まるのですから、しばらくは病みつきになるのでしょう。

男の潮吹きなんて聞いたことがなかったのですが、福岡に出張に行った同僚が教えてくれました。 風俗の話しなんて飲み会のときの笑い話で自分の体験談なんてそうそう話すものではありません。 しかし、そのときは同僚もあまりの興奮のため誰かに話ししないとおさまらないといので2人で飲みに行った時にこっそりと聞きました。


話しのはじめは、そんなことはないだろうと冗談で聞いていましたが、福岡での男の潮吹き体験談を聞いてちょっと自分も体験したいという気になりました。 話しの内容に興奮してしまい、酔いもさめてしまったので帰宅してネットで調べてみました。


ネットには、色々な情報と男の潮吹き体験談が乗っていて、読んでいるうちにゾクゾクしてきました。 一人で興奮してしまい、自分も福岡で体験したいと思い、ついついお店のことなど調べてしまいました。 責められるセックスなんてなかったので、どんなものなのか想像が膨らむばかりです。 こんなにエロい女性がたくさんいるのかと思うと今から楽しみです。

普通に射精するだけでも十分な気持ちよさが味わうことができます。 しかし、それ以上の快感を得ることができるということをそのときまでは知らなかったのです。 初めて知ったのは、本当に偶然で性に関して情報を集めているときでした。 そのときに男の潮吹きというものを知ることができました。


通常であれば、潮吹きというのは女性だけのものと考えるでしょう。 しかし、男の人でも射精をしたあとも亀頭を刺激し続けることによって、無味無臭で透明の液体を出すことができます。 これを初体験するまえには、体験談ややり方などさまざまな情報を集めました。


そして、決行した日には朝から福岡へでかけました。 そのときは、体調も万全で前の日もよく眠れていました。 駅の近くのホテルに入って、お店に電話することにしました。 潮吹き雅できるか不安でしたが、可愛い女性のいやらしい手つきによって無事に快楽の果てに達することができました。 射精をしたあとなのでむずがゆさはあったのですが気持ちよかったです。 これがわたしの福岡での男の潮吹き体験談です。

風俗と言ったらデリヘル、というくらいデリヘル好きです。 好きなところに女の子を呼べてエッチなことがし放題って、出張組にはこれほどいいことはありませんよね。 そこで、福岡に行ったときの俺の体験談を聞いてください。 その日は仕事でくたくたで、性欲よりも癒しを求めて女の子をホテルに呼びました。


来てくれた女の子はとてもマッサージがうまく、体のこりから徐々にほぐしていってくれました。 肩から背中、お尻にかけてマッサージをされると、だんだん性欲が高まってきます。 気づけばうつぶせでいるのが辛いくらいに勃起していました。 仰向けで乳首舐めをされて少ししごかれたら、それだけで達してしまったんです。


「俺も歳かなあ」と思っていた矢先、女の子はガーゼを取りだし、出したばかりの亀頭をこすってくるです。 あまりの快感とこそばゆさに悶絶するのですが、女の子は止めてくれません。 あとから知ったのですが、そこが有名な男の潮吹き風俗だったらしいです。 あの悶絶は忘れられません。

アダルト系の掲示板などでは、頻繁にどこそこのソープが良かったとか、あそこのSMクラブは最高だったとの情報が載せられています。 今は福岡の男の潮吹き体験談が人気であり、九州でもここにしかないお店でめくるめく体験をした人が、その様子を赤裸々に語っているのです。 これらのサイトは非常にリアルさがあり、参考になります。


本当に体験した人だけがわかる感覚は間違いなく創作とは違います。 福岡の男の潮吹き体験談は生の実感がこもっており、じらしにじらされた人のほとばしるような感情が浮き彫りになっているのです。 それは、男ならば誰もが感じる、射精したくても出すことができないもどかしさとして表現されています。 これは、非常に共感できる要素があるのです。


最終的に射精なんだかおしっこなんだかわからない液体がペニスから出て、その風俗プレイは終了するのですが、快感は普通の射精の何倍にもなります。 それもそのはずで、風俗嬢は寸止めを多用し、イク瞬間に止めるのを繰り返してきたのです。

いつも行っている福岡の風俗のお店で、男の潮吹きのサービスが基本プレイに含まれていたので、思い切ってしてみた体験談です。 指名した女の子はお店で一番男の潮吹きの上手だということで期待していたのですが、意外にもいきなりペニスをいじってくることはなかったですね。


普通のM性感のお店と同じような手順で、乳首やワキなど、体の性感帯へのキスの嵐から始まって、そこから徐々に下半身を攻めていくという内容でした。 そして、キスをしながらの亀頭責めが始まると、早漏気味の僕はあっという間に果ててしまいました。


すると女の子はここからスタートとばかりに、イッたばかりのペニスを言葉責めしながら一所懸命刺激し始めたんです。 もうこのあたりから何がなんだか分からなくなっていて、完全に彼女の支配下におかれている状態でした。 そして、5分くらいすると勢いよくペニスが潮を吹いたんです。 もう新しい快感で頭が真っ白で、体もグッタリでしたよ。

アダルトビデオで、女性がアソコを責められ続けて潮吹きしながらよがり狂うという光景をみる事がありますが、これは男においても見られることといったら驚くでしょうか。 これからお話しする福岡の男の潮吹き体験談は、大の大人男性があられもなくもだえまくって潮を吹いて大興奮する事に関して、よく聞かれる詳細を解説するものとなります。


博多駅周辺の大風俗街をもつ福岡の夜は、風俗嬢にとって稼ぎ時といえます。 しかも、徐徐に人気を集めつつある男の潮吹きサービスは、リピーターが順調に増えるほどの人気ぶりです。 その具体的なサービス内容とは、竿をしごかずに亀頭だけをひたすら刺激する亀頭責めによる潮吹き誘発サービスとなります。 この、亀頭責めというサービスが、よく聞かれる詳細の要となるのです。


実際に福岡の男の潮吹き体験談ででてきた話では、亀頭責めサービスを受けているときは、風俗嬢が本当に亀頭だけに集中して刺激を与えるため、徐徐に我慢汁が垂れてきます。 そして、風俗嬢がなおもある程度の時間をかけて亀頭を責めると、ある瞬間、カウパー液がビュビュッと飛び出てくるというわけです。 この現象が、男の潮吹き現象として福岡でも評判となっています。

地元福岡でついに男の潮吹きをやってしまいました。 元々ネットの情報ですごい興味があったんですが、なんとなく怖くて遠慮していたんですよ。 でもたまたま通りかかったところに男の潮吹き専門店があって、ついつい興味本位で入ってしまったんですよね。


さすがに専門店というだけあって、女の子のペニスを刺激するテクニックはすごいです。 色んな方法で亀頭をいじってくるんですよ。 しかも、いじりながら乳首舐めをしてきたり、キスをしてくれたり、言葉責めをしたりと、元々Mである私には大満足のサービスでした。


しかも、肝心の男の潮吹きも射精からわずか3分で達成することができたんです。 女の子によると、どうやら前戯やペニスをいじるテクニックが重要らしく、専門店の女の子でないとなかなか上手くできないらしいんです。 正直、他のプレイは他のお店と同じですが、いじられているペニスだけは異常なほどに気持ちよかったです。 男でも潮が吹ける体験談をこれからも伝えていきたいですね。

福岡で男の潮吹きに挑戦した体験談です。 まだ潮吹きまでは行っていませんが、何度も挑戦してみたいと思っています。 お相手の女性はとにかくエロくてトップレスのおっぱいはとても綺麗な上、Tバックのお尻はとても滑らかで柔らかく、密着されてとても気持ちが良かったです。


亀頭にローションを塗られ、亀頭だけを女性の手のひらで揉みこまれます。 乳首舐めも併用されて思わず逝きそうになりましたが、そこで寸止めされ、思いきり焦らされました。 さらにガーゼで亀頭を包み込んで弱い刺激を延々と続けられました。 もうちょっと強くしてくれたら、竿を扱いてくれたら逝きそうなのに、生殺しにされて、じれったさだけが募ります。


漸く射精させてもらった後が本番です。 竿の部分にたっぷりローションを塗られ、扱かれて一滴残らず絞り取られました。 2回くらい新たに逝かされたところでギブアップです。 これ以上続けられたらおかしくなりそうで女性に懇願して止めてもらいましたが、女性によるとこの先の世界が男の潮吹きなのだそうです。

恥ずかしながら先日、男の潮吹きなるものを初体験してきました。 場所は、福岡の私が宿泊していたホテルの一室です。 女性の潮吹きはAVでたくさんみてきましたが、男にもそれが可能であり、気持ちいいという体験談を読んで、私もチャレンジしてみる事にしました。


男の潮吹きに入る前段階では、女性に様々な奉仕を受けました。 トップレス姿で私に跨った光景は、それだけで生唾ものです。 M性感という事なので、通常のマッサージも気持ちよかったですし、下半身にそれが移ってからのエッチなマッサージも、それもまた気持ちよいものでした。 そうして彼女のこねくり回す手によって、射精に達しました。


これまでは、ここまでの所で満足していたのですが、今回は違います。 この射精直後から男の潮吹きに向けた本格的なプレイの開始となります。 射精直後の陰茎を触られると、くすぐったくて仕方がないのですが、そんなことはお構い無しに責めたててくるのです。 特に亀頭ばかりを集中的にひたすらこねくり回す感じで、くすぐったさに加え、尿意まで催してきました。 それでも続行されるのですから、一瞬何かの拷問かと錯覚してほどでした。 ただしそれがしばらく続きますと、射精前の気持ちよさとは違った快感の波が押し寄せてくるのでした。 それが麻痺するような感覚もあいまって、気が付くと明らかにおしっことは違う液体が噴出したのです。 射精とは全く異質の快感を味わえるなんて、プレイ直後は、そんな新たな発見にちょっと感動してしまったほどでした。

私は男の潮吹き専門店でもう5回もおしっこをしています。 ですので、そのときの福岡で男の潮吹きの体験談をしてみましょう。 私の場合はすでに経験者なので、射精後に潮吹きするのは難しくはありません。 でも、やっぱり一人じゃできないので、お店に行ってしてもうらんです。


というのも、男の潮吹きは射精後に亀頭をいじるから、その刺激を自分でやると耐えられずにやめてしまいます。 お店の女の子であれば興奮度も違いますし、テクニックも違うのでスムーズにイクことができるんですよね。 やり方はシンプルでペニスにちょっと弾力性のあるローションをぬった状態での亀頭責めをしばらく続けるだけです。


射精後の亀頭責めは意外とグッタリしますし、声が出るくらいの刺激ですから、慣れるまでは注意が必要です。 数分すると達したしまって、ニオイも色もないサラサラの液体が勢いよく飛び出します。 私はこれを女の子に顔射させてもらっていますけど、精液をかけるよりも勢いがあるから面白いですよ。

体を快楽が突き抜ける経験をしたことがあります。 私の場合は博多で風俗遊びをしていた時で、福岡の男の潮吹きのお店に行って、文字通り潮を吹いたわけです。 潮は女性が吹くものだと勘違いしていた私にとって、この現象は非常にセンセーショナルなものでした。 風俗嬢もそこらへんは心得たもので、いろいろと細かく教えてくれてわかりやすかったです。


潮を吹くまではかなり時間がかかり、その間私は風俗嬢のじらしプレイに耐えなければなりません。 我慢に我慢を重ねた結果が潮なわけですから、これは必要なプロセスです。 手順をたがわず行われた福岡の男の潮吹きで、私はかなりまいってしまいました。 出る時はびゅっとおしっこのように潮が出て、かなり遠くまで飛びます。


女の子は絶妙のタイミングで寸止めをしてくれますし、えもいわれぬ快感がそこにあります。 私はこれを一度味わっただけでやみつきになってしまい、週に一回くらいのペースでお店に通っているのです。 こうなるまでにさほど時間はかかりませんでした。

福岡のM性感店のおかげで、ようやくドライオーガズムを体験した私ですが、これと並ぶ気持ちよさといわれる男の潮吹きを次にチャレンジしてみようと、再びそのお店のお世話になる事となりました。 そんな私の初体験談をご紹介いたします。


男の潮吹きは、まず女性の高等テクニックで射精を迎えた後に行われるプレイです。 それを知らなかった私は、射精した直後、どれがそうだったのだろう?と疑問に思っていたのですが、女性がペニスをしごいていた手をそのまま続けていたのでした。


それも良く見ると、これまでより固いローションを塗って、責めたてる部分も亀頭部分ばかりをこねくり回していたのです。 射精直後は、くすぐったさだけしか感じなかったのですが、いつしか気持ちよさと麻痺したような感覚が全身を襲い、気づいた時には、周囲がびしょびしょに塗れていました。 それは白濁したものでもなく、匂いも特にないようで、これが男の潮吹きだったのでした。 感想としては、ペニスへの刺激でそうなったというよりも、脳というか神経を刺激されたような感覚が大きく、普通の射精とは全く別物の気持ちよさであったのは足しかでした。

男の潮吹きをどうしても成功させたかったので、福岡の風俗に行ってみました。 それまでは自分でオナホを使って挑戦したんですけど、疲れるだけで全く潮なんて吹かなかったんです。 だけど福岡にある男の潮吹きできるお店で、実際に女の子にしてもらったら成功したので、その体験談を話してみるね。


まず重要なのがお店の女の子が僕の憧れの先輩に似ていて美人だったことです。 やっぱりタイプの子だと興奮度が違います。 まずは手コキで抜いてもらって、すぐにフェラで男の潮吹きをスタートしました。 普通は手のひらでやるっていうネット情報があったので、これにはビックリというか嬉しいサービスでしたよ。


オナホや手とは違って、やっぱり口でしてもらうと刺激がソフトになって気持ちいいです。 射精直後だというのに、またイキそうになるようなすごい快感でした。 そして、3分くらいすると、おしっこが勢いよく出るんです。 女の子の口に直接出してしまったのでかなり興奮しましたよ。

ある日、僕は彼女とのエッチでも満足していないことに、気がついてしまいました。 へこんでいるのがわかってしまったのでしょうか。 どうしたのかと彼女が聞いてくれたので、僕は正直にすべてを話したのです。 すると彼女は、男の潮吹きを体験してみてはどうかとすすめてくれました。 なんでも、彼女の姉の旦那さんも気持ちいいのではまっているらしいのです。


そこで僕は、彼女公認で風俗店にいきました。 やり方はとても簡単で、基本的には射精した後に息子をこすっていくだけです。 このこすり方にどうやらコツがいるようで、じわりじわりと気持ちよさがこみ上げてきます。 気分としては、「とても気持ちいい!」という感じでしょうか。


僕の場合は時間としては5分くらいで、見たことのない液体が飛び出しました。 潮吹きという名前がついていますが、白い粉がでてくるわけではなく、無色透明の液体です。 福岡で男の潮吹きの体験談が少しでも参考になるといいなと思います。

東北にいると九州に行く機会はなかなかないものです。 しかし、思いがけず出張などで行った場合は、福岡で男の潮吹きを体験しておかなきゃと仕事は早めに切り上げます。 私の場合はお金の関係でデリヘルを呼ぶことが多いですが、最近のデリヘル嬢は多くの知識を持っていて、ドライから何からさまざまなテクニックを有しているのです。


この前も福岡で男の潮吹きを体験してきたばかりですが、その時相手になった女の子が非常にかわいかったのでよく覚えています。 彼女は20代前半で、まだ学生さんだったようです。 拘束されてのプレイは大変どきどきし、彼女の豹変っぷりにも驚かされました。 小悪魔的な魅力を持つ彼女は、私を言葉で、舌で攻め続けたのです。


寸止めを何度もされて、はちきれそうになったペニスをしゃぶられた時は天にものぼる気持ちでした。 ものすごい勢いで何かがほとばしり出てくるのを感じた時、私もまだまだ衰えていないことを実感したのです。 同時に、彼女のテクのすごさにも感服しました。

初めて風俗に行った時、そこがどんな世界なのかまだ知りませんでした。 何度も通ううちに慣れてきて、何をすればいいのかもわかるようになったわけです。 ここ最近未知のサービスが増えてきて、それらすべてに興味があります。 そんなわけで、アダルトサイトで見て興味を惹かれた福岡の男の潮吹きとやらをわざわざ遠征して体験することになったのです。


行ったお店はオーソドックスな性感マッサージのお店でした。 福岡の男の潮吹きがどんなものかと思ってお店に入り、女の子を指名してしばらくしゃべっていましたが、プレイに入って拘束され、女の子にいろいろな所をまさぐられたのはびっくりしました。 自分が何をされるのかわからないどきどき感があり、初めて風俗に行った時を思い出したのです。


何度も寸止めされ、そのたびにすごく切ない気持ちになりました。 イキたいのにイケない状態が長く続くと、早くイカせてもらいたいと願うものです。 私は何度女の子に懇願したかわかりません。 最後はものすごい開放感に襲われ、感動の涙さえ流れました。

いきなり強烈な刺激を受けるより、じわじわと気持ちよくなっていくほうが快感な場合があります。 私はこのタイプが好きなので、風俗はたいてい性感エステなどに通っているのです。 この前行った福岡では、男の潮吹きを久しぶりに体験してみようと思い、女の子にお願いしました。 これは男が潮を吹く現象で、オナニーではかなりやりにくいことで知られています。


女の子が丁寧な子だったので、かなり丹念に体をまさぐられ、言葉攻めを受けて、じらされました。 弱い刺激がだんだん積み重なっていく感じはたまりません。 福岡の男の潮吹きはアダルト動画でも話題になっていて、ある程度の女の子なら時間内にお客を十分に満足させることができます。 その職人技を十分に堪能しました。


寸止めを何度もされると、ペニスがはちきれそうになります。 最後は懇願して女の子に手コキで出してもらったのですが、勢いがつきすぎて壁まで飛んでしまいました。 出たのは尿でも精液でもない微妙な汁で、我慢も限界を超えるとこうなるのだと改めて感じたのです。

トークから始まり、プレイで興奮し、射精でフィニッシュするのが普通の風俗です。 これが、性感エステなどマッサージ系のものになると、プレイの内容が濃厚になり、射精ではなくドライで終わったり、いろいろな結末を迎えることになります。 九州の風俗は満足度の高さが売りで、特に福岡の男の潮吹きはネットでも話題になりました。


そのうわさを聞いた私が博多へ行くまでそう時間はかからず、すぐにでも福岡の男の潮吹きを体験しようと専門店に行ったのです。 かわいい女の子がたくさんいたので、迷ってしまいましたが、私好みの人妻っぽい子にしました。 彼女に全身を舐めてもらい、私自身は拘束されたマグロ状態だったので、なんとももどかしい気持ちになったのです。


焦らしと寸止めを繰り返され、もはや頭の中は爆発寸前でした。 最後の最後までこのプレイを堪能できたのは、私自身がMだったからでしょう。 性格的に合う合わないはありますが、確かにこのプレイは満足度が高く、放出した時の感動はひとしおです。

男の潮吹きを福岡のM性感でしてきた体験談です。 まず、M性感とはMの男性が喜びそうなプレイを豊富にそろえている風俗店のことで、かわいい女の子に全身のあらゆる性感をいじられたいならオススメです。 そのお店の基本プレイの中には男の潮吹きというものがあります。


私はそれをしてもらったわけですが、まず最初に女の子がいつものように全身舐め舐めプレイからはじまる受身型のエッチをしてくれます。 そして女の子に1回手コキで抜いてもらって、そこから男の潮吹きが始まるんです。


ローションをたっぷりと塗ってから、女の子に亀頭を手のひらでいじられます。 ひたすらいじられ続けるんですが、このときの感覚はひと言で表すならキツイです。 できることならやめたいくらいですけど、Sの女の子には許してもらえません。 しかし我慢したかいはありまして、やがて感動のおしっこ噴射が訪れます。 女の子にそれを浴びさせるときは最高の気分で絶対にハマりますよ。

男の潮吹きが気持ちいいということは知っていました。 しかし何度、自分で挑戦しても上手くいかないことが、わたしの悩みでもあったのです。 あるとき、こうなればプロにお願いするしかないと思い、わたしは受話器を取ったのです。 プロのお嬢さんはわたしなどの技術とは、やはり違います。 あっという間に、潮を吹くことが出来ましたよ。


射精したあとに、ローションを使いながら亀頭部分をこすります。 これ自体もものすごく気持ちがいいです。 プロのお嬢さんが、わたしの太ももにまたがっていたので、余計に興奮しました。 彼女はパンツ1枚しか履いていないので、温かさを直に感じることが出来るのです。


しばらくすると、わたしのアソコがむずむずしてきます。 あふれ出てきた液体は無色透明です。 もちろん臭いはありません。 女性が潮を吹くときのように、ビュビュビュビュッと出ましたよ。 福岡に住んでいるなら、わたしの体験談を参考にしながら、ぜひ体験して欲しいです。

よくAVなどで見られる潮吹きなのですが、実は男にもあるというのです。 私はそういう話はAVだけの話で全然信じていなかったのですが、友人が福岡にあるお店で男の潮吹きを体感したそうなんです。 その彼の体験談を聞いてみますと、そういうプレイに興味を持ちました。


それによれば、人によるようですがリラックスしてアナルと亀頭を同時に攻めてじらすことによって快感状態をしばらく作ります。 その後、一気に射精にまで持っていくというのです。 その時の快楽は通常の何倍にもなるというのです。


どんな感じかといいますと、射精した後止まらなくなって、苦しいけれども自分が自分でなくなる感覚に陥ります。 体が震えて、しばらくおしっこを出したかのような解放感が味わえて、足腰ががくがくになるのですがそれが更なる快感を生み出すというのです。 彼の話によれば通常の何倍、いや何十倍の快楽に陥って、またやってほしいというのを聞いて大変興味を持ちました。 近くにお店があるのでぜひ行って体感たいと思います。

舌先でペニスをちろちろと刺激されるのはどうにも興奮するものです。 風俗ではこうしたテクニックが頻繁に用いられ、風俗嬢がいかに上手いかを示してくれます。 博多ではいろいろな女の子が毎日さまざまな伝説を築きあげているので、それがネット上で知られるのも当然でしょう。 そうした中で福岡の男の潮吹き体験談が脚光を浴びているのです。


とにかく興奮すると話題のM性感系のサービスは、そこに男性が喜ぶ要素が少なからずあるものです。 ネットで福岡の男の潮吹き体験談を見ていれば、相手の女の子がどれだけ手練手管を用いて興奮するように仕向けているかわかります。 確かに最近の風俗はプレイ内容がドライであるにも関わらず、大変興奮するものです。


多くの人が夢中になるだけあって、興奮度の高い風俗サービスは人気が高いのがわかります。 SM系は一時下火になりましたが、九州など常に風俗研究に熱心な土地柄だとカラーに合うのでしょう。 ここではお客がもっとも快感を覚えるように、毎日研究が施されています。

風俗でのサービスには様々なジャンルがありますが、最近注目を集めているのが、男の潮吹きです。 これは前立腺を刺激することによって起こる射精です。 これは体験した人にしかなかなか分からないものですが、福岡での体験談を紹介します。


福岡で男の潮吹き体験談のことですが、そのお店ではアナル刺激をエネマグラによって行います。 まずは入念にアナル舐めをして、アナルの周りを嬢がほぐしてくれます。 そして、最初は指を挿入して、少しずつ刺激していきます。 もちろん、ローションを使って挿入しやすくしながらやっていくので、痛みはありません。


指が深く挿入できるようになってきたら、いよいよエネマグラの登場です。 これを少しずつ挿入していくと、ちょうど、前立腺にエネマグラの先が当たります。 ある程度刺激していくと、そのまま吸い込むように入っていくので、後は勝手に興奮が高まっていき、ペニスも少し刺激すると絶頂に達して、噴水のような射精が起こります。 これを男の潮吹きと呼んでいます。

何事も知識だけではなく、実践が伴わなくてはなりません。 私もそう思い、風俗店をはしごして今の風俗嬢のテクを研究したりしていました。 こうしたことはほどほどに知っておくのがよく、あまりマニアックなのはいけません。 しかし、ネットで福岡で男の潮吹きを味わったとの体験談を見ましたが、これに関しては自分でも興味がわきました。


この前九州に行った友人が福岡のホテルで男の潮吹きを味わったといっていたので、その体験談を細かく聞くことにしました。 彼によると、内容はほぼ女の子ベースであり、自分はベッドに縛られてとにかくされるがままになっていたようです。 女の子のじらしテクが絶妙なので、もどかしさをずっと味わうのがたまらないとも言っていました。


M性感などを専門的に扱うお店では、このようなサービスは日常茶飯事です。 これは、男性側が何もする必要がなく、女の子に任せればいいので非常に楽といえるでしょう。 また、実際に味わってみれば真のSM系サービスの良さもわかるはずです。

日本列島は南にいくほど宿の質が良くなり、いろいろな面で都合がいいようです。 風俗に適した宿が多い九州では、デリヘル御用達の宿もあるので、そうした所では濃いサービスが日夜を問わず行われています。 最近ネットでよく聞くのが福岡のホテルで男の潮吹き体験談です。 これは文字通り男が潮を噴く現象で、かなり珍しい部類に入ります。


デリヘルでの口コミがネットで多く語られる中、福岡のホテルで男の潮吹き体験談も確実に増えてきました。 これは、この地域のデリヘル嬢がディープなテクニックを持ち、お客にM性感関連のサービスもしてくれるからに他なりません。 きちんとした指導を受けた女の子がお客をソフトに拘束し、全身を舐めまわしたあげくにじらすのです。


イキたくてもイケないジレンマがお客を興奮させてくれます。 結局の所お客は根負けし、女の子にイカせてくださいと懇願し、手コキやフェラでフィニッシュに至るわけです。 この時の快感はかなりのもので、我慢を重ねた甲斐があります。

仲のいい同僚が博多に出張して、面白い体験をしてきました。 彼は風俗好きなので、最近は特にソフトSMに凝っているそうです。 今回行ったのは福岡で男の潮吹きが味わえるお店だったらしく、体験談を事細かに語ってくれました。 そのお店はヘルス系で、女の子の質はまあまあで、テクニシャンが多かったとのことです。


SMと聞くと縄で縛ったり、鞭で打たれたりと痛いイメージがありますが、どうやら最近のプレイはそうではなく、焦らしや言葉攻めなどが主体のソフトな物も選べるようです。 彼が福岡で味わったのもそうしたソフトSMで、男の潮吹きにいたるまでにはかなり苦悶の時間を過ごしたと話してくれました。 体験談の中では女の子の言葉責めや乳首責めなど、全体的に弱い刺激が続きます。


彼によるとSMとは名ばかりで、要するにマグロプレイだったわけです。 しかし、我慢に我慢を重ねただけあって、彼は今までに味わったことのないようなすさまじい解放感に酔いしれました。 実際、おしっこを我慢すれば快感が大きくなる例もあります。

気持ちよさを求めていたら、後輩が「男の潮吹きがいいですよ」と教えてくれました。 だけど、どんなものかなかなかイメージがつかめません。 潮を吹くといえば、クジラしか思い浮かばなかったのです。 一体、どんなものかと思いながら、すすめられた福岡のお店に連絡をしてみました。


このお店ではセクシーな下着姿の女の子が、大事な部分を刺激していってくれます。 射精した後、潮吹きを体験することができますよ。 使うものは固めのローションです。 それを亀頭に塗り、ゆっくりゆっくり責めていきます。 すると突然、まるでクジラが吹く潮のように「ピュッ」といった感じで、液体が飛び出すのです。 おしっこに似ていますが、臭いも色もないので、おしっこではありません。


射精のときとはまた違った感じがします。 言葉にするならまさに「気持ちいい」です。 オプションに含まれているので、お店に行けば必ず体験することができるでしょう。 体験談を読んで、行きたいと思った人はぜひ、行ってみてくださいね。

先日、福岡で男の潮吹き体験談をとあるサイトで拝見し、それに興味を持った私は、自らの体でそれを体験してきました。 福岡に出張する事が多いのですが、これまでの風俗とはまた違ったサービスを受けてみたい、そんな欲求から決断した行動でした。


プレイした先は、福岡痴女性感フェチ倶楽部というお店です。 ここを選んだのは、痴女プレイを何度か体験しており、女性に責められることに喜びを感じていたので、期待して電話予約をしました。 宿泊しているホテルの部屋に痴女がやってくると、早速プレイの開始です。 トップレス姿で責めが開始されたのですが、始まった途端、そのテクニックの上手さがわかり、潮吹きプレイにも期待が持てました。


そうして、いよいよ潮吹きプレイが始まったのですが、射精直後の敏感になったアソコの先端をローションでヌルヌルになった痴女の手で責めたてられるのです。 最初はむず痒さから始まり、徐々にその感覚もなくなってきて、それが更に続くと、気持ちよさが襲ってきました。 その気持ちよさは、尿意にも似た感じがあったのですが、もう出したい!と我慢できなくなり、放出すると、精子とは全く違った無色透明な液体、一瞬おしっこと思った液体が、辺り一面に飛び散ったのです。 痴女に聞くと、これが潮吹きだよと言われ、私の潮吹き初体験が終わりました。 話によると、射精後に潮吹きするのとは別に射精と潮吹きを同時に体験できる人もいるということなので、次回は、それを体験したいと思っています。

福岡には色々な風俗関連のお店があります。 その中でも特異なのが男の潮吹きを体験できるところがあります。 潮吹きという単語を見聞きしたことがある人は多いと思います。 性的快楽が絶頂に達した時に液体を勢い良く噴出する現象です。 しかしそれが男にも起こるとは知らない人は多いと思います。


その液体に関しては実は明らかになっていないです。 出る場所やその量から膀胱からという見解が大きいですが、成分は性的興奮時に分泌されるいわゆる愛液や精液に近い成分を多く含んでいるとか。 何にしても男性が快楽の中で勢いが良く出る液体といえば精液くらいです。 男の潮吹きはそれに匹敵するかそれ以上の不思議な感覚がだそうです。


方法自体は難しくは無いみたいで、射精後のまだ勃起した陰茎を、主に亀頭を中心に刺激し続けることで達せられるようです。 しかし自分でやってもなかなか上手く行かないものです。 刺激が強いのか弱いのか、早いのか遅いのか、どれくらいの時間で行うのか等全くわからなものです。 ただ言えることは女性に刺激してもらえるのは凄く気持ちが良さそうということで、凄く興奮思想ということです。 もしかしたらその興奮こそが絶対条件なのかもしれません。

みなさん、どうもこんにちわ!
自称「三度の飯より風俗が好き」な僕が来ましたよ!(笑)

男の潮吹きと言えば最近巷でよく耳にするようになりましたが、
お恥ずかしながら僕は今まで体験した事がありませんでした。

ですが最近福岡に出張となりまして、
なんとなく福岡のM性感に行ったところ・・・

吹きました・・・吹いちゃいました、ええ、それはもう盛大に・・・。
吹く寸前と吹いた後は何が起こったのか把握できませんでしたよ。(笑)
あれって凄く気持ち良いんですね、腰がガクガクしちゃいました。

正直「男の潮吹き?何それ美味いの?」と舐めきってた僕ですが、
これはもう考えを改めずにはいられない程の快感でした。

一度でも体験すれば癖になってしまいますね。
自宅で一人でやると後処理やら虚しさやらで生きていくのが辛くなってしまうので
また福岡に出張の時は潮吹きに逝ってきます。