スマホ版に切り替え

HOME -> ドライオーガズム体験談

福岡には最近M性感風俗が進出して来ており風俗マニアはソープやデリヘルからこちらに流れて来ているようです。 かく言う私もその一人で、もっと早く博多にM性感店が出来ていたら良かったのにと思っているところです。 M性感風俗が他の風俗とどこが違うかというと女性主導で男性はされるがままになっていたらいいと言う点です。


他の風俗でプレイの組み立てや段取りを考えるのが面倒と思っていたので、至れり尽くせりのサービスをしてくれるM性感風俗に嵌っているのです。 特に気持ちがいいのが前立腺マッサージで、ドライオーガズムに導いてくれるのがいいところです。


エネマグラという医療用の器具をお尻の穴から挿入され、直腸越しに前立腺を刺激してもらいます。 呼吸を整えながら、前立腺をマッサージされると、最初は鈍い痛みを感じますが、不意に体がふわっとしてきて射精のときの快感が数十秒続くような絶頂を得ます。 しかもそれが何度も何度も訪れるのです。 これが私のドライオーガズム体験談ですが、ぜひ福岡のM性感風俗店で試してみてください。

博多は若い女の子が多数在籍している格安箱ヘルはもちろんのこと、熟練の職人芸を見せてくれるソープ、さらに有名デリヘルなどが集まっている九州最大の歓楽街です。 今回は、最近流行しているM性感店を利用しました。 局部に対する刺激もいいけれども今まで味わったことのない快感に挑戦しようと思ったからです。


ドライオーガズムとは射精を伴わず、性感がいつまでも持続するため快感は射精の数百倍とも言われています。 女性の膣イキに似ているという人もいますが、それくらいの気持ちよさを女性が味わっているとしたら何とも羨ましいと思ったのがドライオーガズムに挑戦する理由の一つです。


やって来てくれたのは年齢20代後半でクールビューティーな感じの女性でした。 お姉さんタイプでこの人なら任せて安心って感じがします。 オイルマッサージの後は早速ドライオーガズムの準備に入ります。 お尻の穴にエネマグラを入れられ前立腺をマッサージされていると体がふわっとして凄い快感が訪れました。 やみつきになるっていうのが感想です。 これが私のドライオーガズム体験談です。

普通の風俗の店に飽きてしまいました。 そのことを友人に相談すると、中洲にあるあるお店を紹介されたのです。 なんと今話題のドライオーガズムを体験できるといいます。 だから行ってみました。 感想としてはとても気持ちよかったです。 ぜひ僕のドライオーガズム体験談を参考にしてください。


まず女の子の衣装は下着姿です。 それもTバックでした。 スレンダーな美人さんが担当だったので、見ただけでもとても興奮しましたね。 ドライオーガズムは射精を伴わない快感のこと、一体どんな風に気持ちよくしてくれるのかと思いきや、全身をマッサージしてくれました。 上手過ぎてすぐに絶頂になりそうでしたよ。


快感のツボを優しく優しく刺激されたので、「イクッ」と思いながらも、じわじわと気持ちよさが体を支配していた感じです。 だから女性がよく「イクッ」と叫んでいたのを思い出し、こんなに素晴らしい気持ちよさを感じていたのかと羨ましく思ってしまいました。 興味のある人はぜひ体験して欲しいです。

福岡も博多中洲界隈に行けばデリヘルやソープなど男の遊び場所がたくさんあります。 先日ちょっと変わった風俗で遊ぼうとm性感のお店で遊んできました。 普段の私は箱ヘルに行くことが多いのですが完全受け身で女性の方から積極的にエッチなことをしてくれるというのに惹かれたのです。


ホテルに先にチェックインして待っているとやってきたのは、色白スレンダー、しかもおっぱいはたわわという私好みの女性でした。 初めて会ったばかりなのに、彼女の方から体を密着させて来るのでテンションアゲアゲです。 身体中をオイルマッサージしてもらい、いい感じになったところでいよいよドライオーガズムに挑戦です。


エネマグラをおしりの穴に突っ込む前にローションをたっぷり塗ってお尻の周りをほぐしていきます。 若い女性にお尻を見られるだけでも恥ずかしいのに穴の中に指を入れられ勃起は最高潮に達しています。 いよいよエネマグラを前立腺に当てる時が来ました。 身体中を熱いものが走り不思議な感覚に襲われました。 これが福岡でのドライオーガズム体験談です。

私は大の風俗フリークで日頃はデリヘルを利用しています。 特に福岡・博多は女の子がエロい上に、男を立ててくれるので料金の安さも相まって、出張のたびに遊んでいます。 先日も派遣型の風俗、M性感クラブから女の子を派遣してもらって遊びました。


M性感クラブは普通のデリヘルと違って女の子にしっかり講習をしているので、職人気質の子が多くハイレベルな技能を楽しめるのがいいところです。 今回もアナル責めからの前立腺マッサージによって導かれるドライオーガズムに挑戦してみました。 すでに何回か遊んだことのあるロリ系の女の子を派遣してもらいプレイのスタートです。


女の子はルックスはロリ系なのですがおっぱいはたわわで、色白美形と申し分ありません。 さっそくお尻周りをほぐしてもらいローションをたっぷり塗ってからエネマグラを挿入されました。 ちょっと変な感じがしましたが、内臓をかき回される感覚が溜まらなく、意識が真っ白になって失神してしまいました。 女の子によるとその瞬間がドライオーガズムなんだそうです。 これが私のドライオーガズム体験談です。

同僚が九州旅行に行ってきました。 彼は旅行をすると必ず現地で風俗に立ち寄るのが趣味の剛毅な男です。 今回彼が語ってくれたのは福岡のドライオーガズム体験談でして、彼も初体験だったらしく、幾分興奮していました。 彼が言うには、普通のマッサージ店だと思っていろいろとやってもらって、アナルを試したら非常に気持ちがよかったとのことです。


この話がリアルだったのは、彼の福岡のドライオーガズム体験談が真に迫っていたことと、私に予備知識があったからに相違ありません。 本当に気持ちがいいやり方は自然にネットで調べようと思うものです。 特にここ最近、普通のセックスにマンネリを感じていた私は、新たな快感を求めるようにいつしかなっていました。


そこでアナルの快感を知ってしまったからたまりません。 以来ずっと興味津々で、ついにこの前ドライ専門のお店に行って、初体験をしてきました。 確かに最初はイクまで時間がかかりますが、一度イッてしまうと慣れがきます。

福岡で経験したドライオーガズム体験談です。 普段の私はデリヘルや箱ヘルなどのヘルスで遊んでいるのですが、その日は、完全受け身になって女の子から一方的にサービスを受けてみたいと思いました。 どちらかというといつもは責める側なのですが、たまにはこういうのもありかなと思ったのです。


そこで選んだのが博多のM性感店で、最近勢いがある評判の良いところです。 待ち合わせをしてやってきたのは30歳前後で色白の女性、美人な上になんとなくエッチな雰囲気を漂わせています。 すぐにホテルにチェックインして、キャミソール姿になってもらうと肉感的でものすごくエロい感じです。


完全にお任せにしたのですが、女性がドライオーガズムに挑戦してみる?と聞くので何だか分からずにお願いしますと言うと、未知の世界に連れて行かれました。 丹念にお尻の穴周りをほぐされた後は、エネマグラと言う医療器具を穴の中に突っ込まれたのです。 前立腺を刺激されて意識が飛んでしまいました。 あれがドライオーガズムというのかは分かりませんがとにかく気持ちよかったです。

SMとかイメクラとか、いずれかの分野に秀でた専門のお店は、ディープなお客の通うお店と呼べるでしょう。 私がたまに行きたくなる福岡のドライオーガズムの専門店は、M性感を売りにしており、内容自体はそんなにハードではありません。 女の子が下着姿で私を拘束し、卑猥な言葉をかけてペニス以外を刺激してくれるだけです。


このペニス以外、というのは乳首や玉の裏など、至る所に及びます。 大学が福岡にあった関係で、この辺りの風俗街はある程度知っていますが、ここまで徹底して受けに回らせる風俗サービスはあまりなかったのです。 私はこのお店でドライオーガズムを初体験してから、病み付きになりました。 アナルの快感は年とってから得ると、非常に強い印象を持ちます。


おかげで家でのオナニーも、もっぱら器具を使って前立腺を刺激するようになりました。 ドライを味わうと普通の射精の快感がいかに小さいかがわかります。 ただ、あまりに刺激的過ぎるのとアナルへの負担が大きいので、日を空けて行うようにしているのです。

彼女がエッチのときに「イクッイクッ」とよがっているのを見て、ずっと羨ましいなと思っていました。 しかしながら、その「イクッイクッ」を男性でも味わえるということを僕は知ってしまったのです。 体験したのは福岡にあるお店です。


男性が、ドライオーガズムを体験するために使う場所は、アナルになります。 実はここから、ひとさし指第2関節あたりまで入れたところで指を動かせば、前立腺を刺激することができるのです。 お店の女性は、男性の体の仕組みについて熟知しているので、安心して任せられますよ。


しばらくすると、ぞわぞわっとした快感が体を支配していって、気がついたら僕は「イクッイクッ」と声を漏らしていました。 結構大きな声だったと思います。 どんな快感だったかというと、まるで雲の上に乗って空をただよっているような、そんな感じですね。 僕のドライオーガズム体験談を聞いて、少しでも多くの男性がドライオーガズムの体験に踏み出してくれたら嬉しいです。

はまる性癖とは誰にでもあるものです。 特に性感帯の新たな発見は、人生を180度変えるほどの魅力があります。 九州になじみがあった私が福岡のドライオーガズムにはまるまで、さほど時間はかかりませんでした。 仕事で行った際には博多の歓楽街に行くのが日課でしたが、その際にドライをあえて指定するようになったのです。


正直言って、最初はアナルに異物や指を入れられるのは不快でした。 しかし、一度やればその味がわかりますが、福岡のドライオーガズムはとてもレベルが高いサービスで、ある意味私は貴重な経験をしたわけです。 受け入れるまでには少し時間がかかりましたが、今では立派なアナル信者になれました。 射精の快感とはぜんぜん違う快楽を知り、私の性生活は充実しています。


本当に自分が求める快楽が射精のみで得られるとは思っていませんでした。 それがアナル開発につながったと今では確信しています。 博多に行く回数こそ減りましたが、時折思い出しては最初にドライを味わったお店に行くのが私に月一のイベントになっているのです。

話題になることも多いので、ドライオーガズムを知っている方はいると思います。 でも、知っているのと実際に体験するのとでは、やっぱり全然違います。 私も福岡で先日、このサービスができる風俗に行ってきたのですが、もう射精とは比べ物にならないほどの快感にグッタリしてしまったほどです。


よく女の子が頭が真っ白になったとか、痙攣して何度もイったとか、オーガズムの経験を話してくれますが、男は何度聞いてもその本当の意味を理解できないと思います。 しかし、ドライオーガズムを体験してみると、この感覚が非常によくわかるんです。 アナルセックスに似ているんだと思いますが、男性でやる人は少ないでしょうしね。


とにかく快感の荒波が押し寄せてくる最高のプレイなので、私のような男の福岡のドライオーガズム体験談を聞くよりも、まずは実践あるのみです。 福岡でも他の都市でも、最近はドライオーガズムをしている風俗は多いので、一度は体験してみるべきだと思いますよ。

これは福岡でしてきたドライオーガズム体験談です。 30歳の誕生日を迎えるにあたって、自分に何かご褒美をあげようと思い、なじみの風俗店に行ったら、女の子にドライオーガズムをプレゼントしてもらったんですよね。 もちろん、これはプレイ内容なんですけど、やり方としてはお尻の穴から前立腺をいじりまくるっていう感じです。


道具を使うこともありますし、指のみでも可能です。 私の場合は女の子に全部おまかせしてやってもらいました。 アナルをいじられることに慣れていない人であれば、慣れるまではちょっと時間が掛かるかもしれません。 でも、私はもともとアナルマッサージ経験者だったので、ドライオーガズムも意外と簡単に成功しました。


もしかしたら、このときのために今までアナルをいじられていたのかもしれませんが、とにかく射精なんかとは比べ物にならないくらい気持ちいいです。 しかも快感度のわりには肉体的な疲労感はあまりないので、女の子に何度もイかせてもらえますよ。

福岡の痴女風俗で挑戦したドライオーガズム体験談です。 50歳を過ぎたころから急激に精力が衰えてきED気味になりました。 デリヘルやソープもいいけれど、男性が能動的に動かないといけないのがきついので、完全受け身のM性感風俗の方に嗜好がシフトしていきました。


性感風俗のいいところは、男性が痴女のリードに任せきりで何もしなくていいところです。 いわば、メンズエステのエロバージョンで、技術をもっている女性に施術してもらい、さらに性感帯をトリートメントしてもらうと思って下さい。 そして、その基本サービスの一つにドライオーガズムに導いてくれる前立腺マッサージがあるのです。


興味はもちろんありましたので、恥ずかしかったけどお願いしてみました。 手術用のゴム手袋をつけた後、ローションをたっぷり塗った指をお尻に入れられて変な感じがしました。 入口のところは入っているのはわかるのですが、そこから先は無感覚でよくわかりません。 そのうちに前立腺に当たって来たのか、内臓をかき回される感じがしました。 ドライまでは行きませんでしたが、慣れたら病み付きになりそうな刺激と思いました。

ドライオーガズムはどのように気持ち良くなるのか知りたい時には、福岡のドライオーガズム体験談を参考にしながら、自分がされた時のことを想像してみましょう。 体験談を見ているとイク時のかなりの気持ち良さに、驚きながらも早くやってみたいと思ってしまうのではないでしょうか?


普段はヘルス店を利用されている方も、ヘルス店ではなく専門風俗店に行くことで、このドライオーガズムを体験することができます。 専門と聞くと、自分はそういったMな要素はないからと感じる方もいると思いますが、女の子がサービスをするときに上から目線でただ命令をするだけではないので、普段はSの方も楽しめるようになっています。


福岡の痴女性感フェチ倶楽部では、女性はSな要素を持っていますが、決してデカイ態度を取ったり怖い訳ではありません。 それよりも、男性が何かをすることないので、シャワーを浴びて待つこともないですし、服を脱いで待つこともありません。 女性に身を任せて、ドライオーガズムを体験でき射精以上の快感を味わうことができるでしょう。

福岡版の風俗誌をチェックしていた時、ドライオーガズムというワードが、私の目に飛び込んできました。 簡単なプレイ内容と、その意味が書かれていたので読んでみると、そのプレイ内容にとても心惹かれるものがあったのです。


これは今晩にでも利用しようと思い、電話で女性の出張をお願いしました。 ドライオーガズムは射精せずに絶頂を迎えるというもので、ペニスに直接的な刺激を与えずにそこまで高めてくれるということで、はたしてどんなテクニックでそうなるのか、必要以上に期待した中プレイが始まったのです。


プレイ内容は、アナルを責めるというものでした。 ただ出し入れを行うような突くという行為ではなく、指を中に入れた状態で刺激を与える、いわゆる前立腺マッサージというものだったのです。 アナル初体験という事もあり、その気持ちよさを感じるのに時間は掛かりましたが、反応し始めると、それはいつまでも長く続き、何度もオーガズムを感じることとなりました。 ただし精子は一切出ていません。 たしかに何度もイッているのに、それも体をよがりまくったり、理性を忘れるほどの快感を感じているのに、これは本当に不思議な体験でした。 気持ちよさの比は、これまでとは雲泥の差ですが、その疲労感を考えますと、私の場合は、せいぜい2週間に1度程度がちょうど良いのかもしれません。

極上の快感を得られるドライオーガズムを体験したくて、僕は福岡のm性感のお店に行きました。 男性であれば、経験しないと損をしてかまうかも!と、プレイ中に思ってしまいましたね。 僕のドライオーガズム体験談が、少しでも参考になればと思います。


一般的に、男性が経験している射精にて得られる快感は、ウェットオーガズムという名前です。 それとは逆に、射精を伴わないで得られる快感を、ドライオーガズムといいます。 射精が目的ではないので、刺激されたのはペニスではなく、アナルでした。 だから体勢は四つんばいで、おしりを突き出した感じです。


肛門をほぐすために、ローションが塗られると、指が進入してきます。 第二関節くらいまでは入っていました。 そこで指が動きます。 壁に指が当たると、疼くというのか、体が震えるようなポイントがあって、そこを責められ続けました。 じわじわと気持ちよくなり、頭の中が真っ白になり、体を支えていた手足から力が抜けていく感じがしましたよ。

僕は長い間、ドライオーガズムは女性だけしか、味わうことが出来ないのだと思っていました。 しかし、実際にお店で体験をしてみて、その考えが間違っていたと、気がついたのです。 福岡でドライオーガズム体験談を紹介したいと思います。


ちょうどその時は、仕事の都合でビジネスホテルに泊まっていました。 電話をかけると、ビジネスホテルへの女の子出張も可能だといわれましたよ。 だから僕はシャワーを浴びて待っていました。 やってきた女の子は、目を疑うほどのスレンダーな美女ですよ。 その女の子がパンツだけの姿で、アソコを刺激していってくれるわけなのですが、触り方がとてもエロイのです。


どうエロイのかを説明していきますね。 第1には表情です。 えっちな雑誌に出ているお姉さんも顔負けするでしょう。 第2にはテクニックです。 じわじわと気持ちよさが押し寄せてきます。 そしてその快感が継続的に続くのです。 全身から力が抜けていくような感覚が、やみつきになります。

九州男児は男性優位の土地柄で育っているとよく言われますが、男性優位だったのは江戸時代までは日本ではどこでも同じであり、ただその程度が九州では強かったというだけです。 九州の福岡では、男性を性的に喜ばせるためのサービスが昔から発達していて、しかもいち早く最新の手法を取り入れてます。 ドライオーガズムの導入は、この地域の風俗店で特に熱心に行なわれていたといえます。


一度でも福岡出張に行ったことのある人ならば、ノウハウをもった九州娘の風俗嬢から念入な性感マッサージを受けてみたことがあるでしょう。 特に技術を磨いた風俗嬢によりドライオーガズムに導かれると、男性は腰が浮いてしまってガックンガックンと、快楽の波に飲み込まれるのです。


福岡近辺の出身である友人や同僚がいるならば、一度は九州娘による洗練された性感マッサージで、ドライオーガズムを体感してみるのがいいでしょう。 なんといっても、男性ならば一度はこの興味深い性的快感を味わいたいと考えるからです。 女性のオーガズムと同等の快感とは、かなり興味深いですよね。

福岡でドライオーガズムを体験できるのですが、あまりこの言葉を知らない為にまだ体験したことのない方もいるかもしれません。 実は射精を伴わずにイクことができて、とても気持ち良くなることができます。 度合いとしても射精の時の100倍の快感です。


ですので、まだ体験したことのない方に是非体験してほしいです。 どのように行うのかというと、アナルの中の前立腺を中心にマッサージされることになります。 アナルの中のこの前立腺は男性しか持っていない場所になるのですが、女性と同じくらいの快感をもたらしてくれると言われています。


性感マッサージ倶楽部では、この男性の前立腺やアナルの知識を持った女の子が、気持ち良くなるようにマッサージをしてくれます。 アナルは敏感な部分でもあるので優しくマッサージをしてもらうことができるので、安心して女の子に身を預けるだけでいいです。 イク頃には悶えて声が思わず出てしまうような快感が待っていますよ。

ドライオーガズムを初めて体験した時、私は諤々と震え、よだれを垂らしながら悶え続けていました。 気持ちよすぎておかしくなっている、体も勝手に震えているという感じで、制御不能でした。 こんなに気持ちいいことがあったなんて、射精をしないから何度も何度もいき続けることができます。


福岡の風俗店で、好みの風俗嬢に行ってもらったのですが、その風俗嬢がいろいろとコツを教えてくれたので、皆さんにも紹介します。 実はイメージ力というのもかなり大切なんだそうです。 自分が女の子になったような気持ちで、アナルが女性器のようなイメージをするのです。


もちろん私もイメージを働かせ、目を閉じて男性につかれていると思い、意識を前立腺に集中させました。 私は3回目の挑戦でドライオーガズムに達することができ、それ以来常に達することができます。 1度ドライオーガズムに達すると何度もいけるようになるようなので、皆さんも焦らずにイメージを大切にしてください。

今ある知識からさらにワンステップ進んだ知識を得るためには、努力して勉強するのが一番です。 特に重要なのが性風俗や性的テクニックの知識で、社会人になったら少なからず必要な分野と呼べるでしょう。 そんな折、昔から通っていた博多の風俗街で、私は福岡のドライオーガズムの真実を知りました。


男色の傾向がある友人からアナルの快感について話はうかがっていたのですが、その中でも素晴らしいのがドライだと改めて知ったのです。 これは福岡のドライオーガズムで検索して知ったお店に行き、風俗嬢にお尻の穴に器具を突っ込まれてなさけない声で昇天したことがきっかけになっています。 私自身その時のことは覚えていないのですが、それくらい気持ちよかったのでしょう。


一度快感を覚えたら、それを突き詰めずにはいられません。 私がもっと詳しくこの快感について知ろうと思った時、博多の町は大変いい環境でした。 始めて快感を味わったお店から性感マッサージのお店までいろいろなお店で現在修業を積んでいます。

物を一つ記憶すると、それを生活の中で応用するのが人間です。 風俗や性に関する知識も同様でして、私は出張先の福岡でドライオーガズムのことを勉強してきました。 仕事よりも性風俗のお店に通うことのほうが大事な段階でちょっと問題ありですが、私にとっては気持ち良いことのほうが大事なのです。


性風俗を極めるのは無理でも、自分の体の中で起こる変化や快感のメカニズムを知るのは容易です。 福岡でドライオーガズムを味わった私は、それを与えてくれた風俗嬢に話を聞き、アナルのどこを刺激すればたやすく快感が得られるのかを聞き出しました。 以来、自分でオナニーする時でもアナルに指をいれ、前立腺を刺激することで、かなりの快感を得ることが可能になったのです。


生活がアナルオナニーのおかげで激変し、私は射精以上の快感を常に得ることが可能になりました。 それを教えてくれた博多の風俗嬢には今も感謝しており、出張のたびにそのお店に行ってはサービスを受けています。 こうした人間関係の続き方もあると最近知りました。

福岡に住んでいるのですが、最近はもっぱらドライオーガズムにはまっています。 挑戦してみていきなり達成したわけではありません。 少しずつアナルを開発しながら達成したのですが、初めて達成した時は本当に終わった後放心状態で、小一時間くらいボーっとしていました。


アナル開発には福岡の風俗店も利用させてもらいました。 やっぱりプロは手慣れているので、どのようにやったら気持ちよく感じるのか理解しています。 自分でドライオーガズムに挑戦するときも、風俗嬢にやってもらう時も、たっぷりのローションを付けました。 たまにけちってつけない人、ちょっとしかつけない人がいますが、それでは滑りが悪いのでお勧めしません。


自分は道具を使うので、道具にもたっぷりと塗り、ちょっとずつ中に入れていきます。 アナルが開発された後も、いきなり全部入れません。 ドライオーガズムに達すると、足も腰もがくがくし、ペニスに触っていないのにかなりギンギンになり、ペニスまで震えている感じです。

ドライオーガズムで使用される専門のグッズがありますが、自分はアナルオナニー用のグッズを使って行います。 専門グッズの方がいいのではないか、なんて思う人もいるでしょう。 ですが私は専門グッズの方では細すぎて物足りない、という印象を受けたのです。 そういう人は結構いるので、そういった時には専門にこだわらず、自分がしっくりくるものを追求するべきでしょう。


自分は電動タイプじゃない、アナルオナニー用のグッズでゆっくりゆっくり前立腺を刺激しています。 福岡でドライオーガズムに初めて成功したのですが、成功したのは福岡の風俗店を利用したからです。 ドライオーガズムを専門に行っているお店ということでとても人気でした。


そのお店でもいろいろなグッズを用意していました。 前立腺を刺激していると、だんだん息が上がってきて、声にならない声が出てきます。 ペニスが誰かに引っ張られているのではないか、というくらいの勃起状態になり、それから何度もいき続けて気持ちいいです。

勉強してわからないことは実際に目で見てさわって体感するのが一番です。 私も風俗に関しては素人でしたから、大学時代に博多でピンサロからデリヘルまで一通りさわって感じて体感しました。 アブノーマルな福岡のドライオーガズムもきちんと学べばそのメカニズムがわかってきます。 男性のお尻はタブーな場所とされてきましたが、その理由はちゃんとあったのです。


はまりすぎてしまえばどんなものも禁忌になるでしょう。 男性のお尻の穴は昔からかなりの快感が得られるものとして有名で、実際男色の貴族などもいたのです。 そうした流れから見れば福岡のドライオーガズムは別に特別なものではなく、歴史が証明する男性の快感の得方となります。 ただ、今の世間ではアナルの快感はアブノーマルな状態です。


価値観が多様化した現在は、快感の得方にも個人主義が見られます。 博多の町でそれを実感した私は、いろいろな面でこれをさらに掘り下げてみようと、アナル開発の技術を持つ風俗嬢と仲良くしていくつもり満々です。 これは、趣味といってもいいでしょう。

ネットで検索するとドライオーガズムに関することってたくさんありますよね。 なかには専用のおもちゃを使ってドライオーガズムに達することもできるようで、ぼくもネットでエネマグラを購入したりしていました。 でも、何をどうやってもひとりでは達することができないんです。


「ぼくにはアナルは合わないのかな...」と残念に思っていたとき、ネットで福岡の専門店は誰でも達せられるという情報を聞いて、藁をもつかむ思いで行ってみました。 自分の悩みを女の子に相談すると、「私に任せて」と妖しく微笑み、オイルで光る指をぼくのアナルへと挿入しました。


奥に到達した瞬間、今まで感じたことのない絶頂感が溢れだし、本当に目の前が真っ白になってしまったんです。 たった一回の女の子からの責めでこんなに簡単にドライオーガズムを感じることができるなら、もっと早く福岡に行っていればよかったと思いました。 ぼくと同じ悩みをもった方がいたら、福岡に行ってみると世界が変わりますよ。

古きよき伝統と新しい空気が同居する博多では、今日も全国からサラリーマンが集まってきます。 ここは空港もあり、港もあり、新幹線も止まるので、非常に交通の便がいいのです。 私は四国に住んでいますが、仕事やプライベートな用事でよく博多には来ます。 福岡でドライオーガズムを体験したのも、そうした縁があったからです。


風俗遊びは学生の頃から博多と決めていました。 実際、ソープランドに始めていったのも、デリヘルを体感したのもこの街です。 しかし、アブノーマルな方面に行ったのは福岡でドライオーガズムを体験したのが最初であり、これはかなりのチャレンジだったと今でも思っています。 ただ、アナルの快感を教えてくれたことで、私の性感帯が増えたのは喜ばしいことです。


現代社会はストレス社会ですので、何か気持ち良いことがないとやっていられません。 そうした場合、手っ取り早く自分の体の中で快感が得られる場所を知っているのは大きなことでしょう。 私の場合はアナルの快感を極めつつあるので、射精だけよりもレベルが高いのです。

自分のドライオーガズム体験談をしてみたいと思います。 仕事で福岡に行った時、かなり気持ちいいと噂に聞いていた前立腺マッサージを試しにしてみようと思い立ちました。 イメージとしては気の強そうな女の子が多いのかな?と予想していましたが、試してみないとわからないということでさっそく電話しました。


ほどなくして来た女の子はすごく優しそうな女性でビックリしました。 自分好みで嬉しい誤算です。 すごく献身的にいろんなところをマッサージしてくれます。 そんなことまでされていいの?と思ってしまうぐらい、本当に彼女にされるがまま身をまかせてマッサージを受けました。


快感の瞬間はついにやって来ました。 自分でも何を言っているのかよく覚えていないくらい、何かを叫んでいたと思います。 上半身がブルブルと震えて脚もガクガクとなり、自分の体でありながら制御不能になったかのように突然動きだすのです。 いつもの射精の感覚とは全く異なる強い快感が全身を駆け巡りました。 こんなのは経験したことがありません。 これは本当にやみつきになりそうです。

ドライオーガズムの魅力は、快感が長い間続くということではないでしょうか。 知らない人にもよさが伝わるように、福岡でドライオーガズム体験談を紹介します。 私は体験をしてしたので、ドライオーガズムのよさがとてもよくわかります。 例えるならば、体が宙に浮いたような、そんな感じです。


性感帯は人によって違います。 乳首が気持ちいいと感じる人もいれば、アソコが特に感じる人もいるでしょう。 私はずっと、アソコだけが自分の性感だと思っていました。 しかし、実はアナルが弱かったのです。 正確には、前立腺になります。


触りかた次第で、快感の時間は変化するように思いました。 指が締め付けてくるというか、当たるというか、とにかく気持ちいいです。 気がつけば、エッチのときに女の人があげるような「あんっ」という甘い声が飛び出していました。 少し恥ずかしかったですが、気持ちよさのほうが勝っていましたね。 女の人の気持ちよさを知れたいい体験だったと思います。


みなさまどうもはじめまして。
わたしは最近出張で福岡まで足を運ぶことが多くなり、そのまま移住計画を立てているMと申します。

出張ではじめて栄に来るまでは、福岡にさえ来たことがなかったんですが、福岡に来てかなりハマってしまいました。

何にハマったかというと、食べ物とかももちろん魅力の一つではあるのですが、なんか女の子が可愛い!福岡ギャル達がもう自分の好みドストライク過ぎてやばいのです(笑)
ということは・・・仕事後の唯一の楽しみである夜のお店、キャバクラや風俗などのレベルも自ずと高くなってくると言うわけですね♪

先日も、午前中からからとある企業と商談があったため気合いを入れて意気揚々と乗り込んだのですが、想定外というか、思っていたよりも遥かにスムーズに商談がまとまってしまい、予定よりも早めに終わりました。

取引先の企業の方ともやたらウマが合ってしまい、その流れのまま福岡名物の手羽先をごちそうになり、飲みに行く事になってしまいました(笑)そしてその後はわたしの宿泊しているビジネスホテルで一番お勧めのドライオーガズム可の風俗店を読んで頂けることに・・・取引先の方の「普通のマッサージですよ」という意味深で不敵な笑みが逆に期待感を煽りました(笑)

そして到着する若くてもの凄く可愛い子が!!シャワーも一緒に来て洗ってくれました
そしてマッサージで気持ち良くなった後は手でのサービスが・・・!そしてフィニッシュ。。。

気持ち良すぎて放心状態のわたしを尻目に、彼女は颯爽と去っていったのでした。
あれ、これって普通のマッサージじゃないですよね?(笑)