スマホ版に切り替え

HOME -> 博多 ドライオーガズム

せっかちな人でも時間をかけて性的快感を楽しみたくなるのが、博多の風俗店で受けられるドライオーガズムです。 前立腺をひたすら責め立てるだけでなく、お尻や睾丸を撫で回すような責めも同時に受けられるので、途中で飽きが来る事もありません。 とても優しい撫で方で睾丸を責められていると、情けない喘ぎ声が漏れてしまって、恥ずかしさまで楽しめるようになります。


アナル責めが好みではない人であっても、前立腺マッサージだけは楽しめる事も珍しくないです。 前立腺への刺激はペニスにまで響いてくるぐらい、大きな気持ち良さを楽しめるので、アナル責めとは違った喜びが得られます。


男性側が希望をすれば、股を開いて恥ずかしいポーズをとらされた状態で、前立腺を責め立ててもらう事も可能です。 羞恥プレイの喜びも知ってみたいのであれば、女性に責めをリードしてもらいながら、色んなポーズを試してみましょう。 前立腺責めをスムーズに行える姿勢が、ドライオーガズムに達する可能性を一番高められます。

いつもは会社からも信頼され、多くの部下も慕ってくれる立場にある私ですが、誰にも内緒のお楽しみがあります。 それは、月に数回秘密でお願いしている博多のデリヘルのお店です。 このお店は普通の女の子を攻めるタイプのデリヘルではありません、何と痴女さんが男性をエッチに攻めてくれるのです。


普段の立場とは一転し、痴女さんからいやらしくイタズラされたり、攻められたりします。 汚い言葉で罵ってほしいとお願いすれば、乳首や玉を刺激したり、顔の上に乗って顔面騎乗しながら罵ってくれてすごく興奮します。 慕っている部下達がこんな私の姿を見たらどう思うのだろう、と想像すると更に興奮します。


もっといじめて下さい、とお願いすればいよいよアナルを刺激し前立腺マッサージがスタートです。 その間も言葉で痴女さんは攻めてくれます。 言葉攻めと前立腺のダブルの快感でどんどん体が高ぶってきて、そこでイッてしまいます。 射精無しでイく、ドライオーガズムです。

私は結婚しており、妻とはほぼ毎日セックスをするのですが、それはオーソドックスなものであり、アブノーマルでは有りません。 結婚をした以上、セックスだけの女友達を作るのは浮気になり、家庭や仕事にも影響します。 そこで、性の欲求を解放する為だけに、風俗のお店を利用する事にしました。


選んだのは博多に有るM性感マッサージの店で、ドライオーガズムが体験出来る所です。 ネットから依頼をし、ホテルの一室に女性が派遣で現れました。 私には少しだけマゾの性質が有ります。 ソフトSMと呼ばれるプレイや、女性から蔑まされるような目や言葉を受けると興奮するのです。


M性感のプレイ内容は私の欲求を満たす物でした。 妻にはとうていお願い出来ない聖水プレイなども頼み、女性の尿を浴びながら感嘆の声を上げました。 卑猥な言葉でアナルを開かれ、前立腺への刺激でドライオーガズムが全身を襲います。 性の解放とでも言いましょうか、恥ずかしいと言う思いを捨て、とにかく声に上げてよがりました。 妻とはとても出来ないプレイです。 これからも博多のお店を利用し、本当の自分を解放しようと思います。

博多でも少し前にツンデレという言葉が流行しました。 カワイイ女の子に罵られると興奮する男性がいたのです。 自分もその口だと、少しでも思い当たる方はマゾの資質があると言っても良いでしょう。 そしてそういった男性に楽しんでもらいたいのがM性感です。


SMプレイを可能な限りソフトにした、マゾより男性のための優しいMサービスがあってすぐにハマれると思います。

このようなスタイルのお店の中で、最強のマゾ遊びと個人的に思っているのが前立腺マッサージです。
ドライオーガズムに達せられれば、これがきっかけで完全なマゾに目覚められるかもしれません。




上手な風俗嬢であれば、焦らしや亀頭責めなどを行いながら、さらにアナルに刺激を加えてくれます。
このアナルと複数の性感帯への刺激が、最高の快感、ドライオーガズムへと導いてくれるのです。
ドライオーガズムはマゾの集大成とも言える快感です。
博多なら制限時間内に何度もイカせてくれる風俗嬢がいるはずなので、思い切ってトライしてみてください。

少し前の話ですが、博多に仕事があって行っていました。 慣れない仕事で疲れたこともあって、休憩がてら女の子を呼びたいと思ったのです。 お店に電話をすると、近くのラブホテルも紹介してくれてそこに来てもらうことになりました。


浴室もベッドルームもそれなりに広さがあって、ここで女の子とイチャイチャできるのは良いなと感心しました。 しかし女の子が来てからは、もっとドキドキさせられたのです。 うつ伏せになってのマッサージも気持ちよくて、肌を密着させながら行ってくるので、息子も大興奮してしまいました。


そしてマッサージを受けながら、ドライオーガズムについて話を聞いたのです。 今まで体験したことがないこともあって、どんな感じなのだろうかと興味を惹かれました。 するとさっそく試してみようかと、アナルをいじられてしまったのです。 何をするんだと思いましたが、恥ずかしさよりも気持ちよさが勝って、もっとしてほしいと求めてしまう自身がいました。

ドライオーガズムなど本当にあるのだろうかと思われている方、博多にある風俗店では、男性の間で密かに噂になっているドライオーガズムを体験することができます。 一般的に射精をともなうオーガズムのことをウェットオーガズムといいます。


その射精をともなわないためドライとよばれているのですが、射精をした時に得られる快感の100倍の快感を得られるというのですから注目です。 その上、一度その感覚を味わったなら、何度でも味わえるようになれるというのですから、男性の間で噂になるのも当然です。


一人ではドライオーガズムの境地には容易に達することはできません。 ですが、博多の痴女に前立腺マッサージを行ってもらえば、容易にその境地に達することが可能です。 そして、その境地に達すれば、女性がイった時のように快感が持続します。 快感には個人差がありますが、それでもこれまでの100倍の快感と聞けば試さないわけにはいかないでしょう。 博多で貴重な体験をしてみませんか。

ほぼ毎日、風俗情報誌や風俗サイトをチェックしています。 それらに投稿されている体験談を読んでいるうちに、ぜひ一度ドライオーガズムへ到達したい!という思いが募るようになりました。 ウェットオーガズムのような、一瞬の快感で終わるのではなく、何度も絶頂感に到達出来るとなると、試さずにはいられません。 なかなかチャンスに恵まれなかったものの、博多へ出張する事になった為、そちらで一度経験しておこうと思ったのです。


ネットで評判の高い、博多にある回春エステ店を早速予約しました。 出張日当日は早めに仕事を終わらせ、ホテルの一室で待っていたのです。 すると、ギャル系の可愛らしい女の子が訪問して下さり、早速前立腺マッサージがスタートしました。


アナルへ徐々に指が挿入され、前立腺を少しずつ刺激して貰います。 最初は恥ずかしさ等があって上手くいかなかったものの、次第にコツを掴み何度も何度もドライオーガズムに入る事が出来たのです。 お恥ずかしい事に、博多中に響き渡ってしまいそうな喘ぎ声を出してしまいました。 それ以降、射精の伴わないドライオーガズムの虜になり、月1のペースで回春エステ店を利用しています。

休日に風俗を楽しむなら、ドライオーガズムを楽しめる博多の性感風俗がおすすめです。 あらゆる性感プレイの中で最高の快感を伴うもので、射精の50倍~100倍という強烈な快感を体験できるでしょう。 男性のGスポットである前立腺マッサージは、オナニーとして行うだけではドライに達するのは難しいのです。


博多の性感風俗には、前立腺マッサージのプロが多数在籍しています。 痴女と呼ばれるプロたちは、ローションを使用してハンドプレイで前立腺を転がすように刺激してくれるのです。 最初は違和感を覚えるでしょうが、リラックスしながらプレイを受け続けると、下腹部に鈍い快感が押し寄せてくるようになります。


鈍い快感はやがて強くなっていき、ピークに達したときは射精の50倍以上の強烈な快感を得ることができるのです。 博多にはドライオーガズムを体験できる風俗がいくつかありますが、リラックスした環境で楽しめる出張型の痴女性感フェチ倶楽部がおすすめです。

これまで、地元にある回春エステ店で何度もドライオーガズムに挑戦してみたものの、なかなかそれに到達する事が出来ませんでした。 もう駄目かと、半ば諦めかけていた時に博多へ仕事の関係で出張する事が決まったのです。 空いた時間をどうやって過ごそうかと悩んでいた時、博多のほうにドライオーガズムの専門店があると知り、公式サイトから予約を入れました。


これまでとは違い、全国展開されている大手の風俗店を利用する事にしました。 前立腺を刺激して貰う場合、ある程度のテクニックが必要らしく、それを有するセラピストにお願いしたほうが、習得し易いらしいのです。 予約日当日、ホテルの部屋へ時間きっかりに訪れてくれたセラピストと共に、前立腺マッサージがスタートしました。


ある程度慣れている事もあって、エネマグラを使って刺激して貰ったところ、今まで経験した事の無いような射精感を何度も何度も味わう事が出来たのです。 頭の中が真っ白になったまま絶頂を迎え、博多中に響き渡りそうな喘ぎ声さえ出てしまいました。 ドライオーガズムをようやく習得出来たので、これからもこちらの風俗店でお世話になろうと思っています。

女性が何もかも忘れて、その気持ち良さに失神する姿を見て、私もオーガズムを体験してみたいと思いました。 そして男でも体験できると知った私は、博多の専門風俗にお願いする事にしました。 専門風俗ということで、そこに勤める風俗嬢は、ドライオーガズムへの導き方をしっかりと心得ています。


私もその風俗嬢によってドライオーガズムを体験する事ができたのですが、これは本当に気持ち良いものです。 射精なんか大して気持ちよくない、そう思えてしまうほどの気持ち良さと説明すれば、その凄さを少しは理解してもらえるでしょうか。


アナル内にある前立腺を刺激される事でドライオーガズムに達する事ができるのですが、近頃では、そこまで辿り着く時間も、随分と短縮されてきたようです。 くすぐったいような感じを最初に感じるのですが、あるタイミングでスイッチが入るような感覚があり、それ以降は気持ち良さが勝っていくのでした。 そのスイッチのタイミングは慣れやコツ、風俗嬢の力量などが影響しているのでしょうが、同じ風俗嬢を指名することが多いこともあって、スイッチが入りそうな様子を風俗嬢も分かっているのかもしれません。

絶頂を迎えるまでに時間がかかりそうという、間違ったイメージを持たれがちなのが前立腺マッサージです。 ペニスに触れていないのだから絶頂を迎えようとしても、かなり時間をかけないと無理だと思われている方は珍しくありません。 そういう間違ったイメージをすぐに変えてくれるのが、博多の風俗のドライオーガズムを目指したコースです。


ロングコースではなくショーとコースを選んだ際には、テンポの良さを重視した前立腺マッサージを見せてくれます。 前立腺だけではなく同時に睾丸を責め立てたりと、性的興奮を高めつつ前立腺まで敏感になる様な責めを行ってくれるのです。


その敏感にする為の責めというのが重要な事であり、睾丸や乳首に触られているだけで、ドライオーガズムに少しずつ近付いている事が分かります。 そして前立腺マッサージだけに快感が集中しないというのも、風俗店でのプレイ内容に飽きてしまわない為には重要な事だというのと忘れてはいけません。