スマホ版に切り替え

HOME -> 前立腺マッサージ体験談

女性のイク姿が本当に気持ち良さそうに見えて、私も女に生まれ変わり、その気持ち良さをじかに体験してみたいと、正直これまで何度も思ってきました。 しかし、その羨ましくて仕方なかった女性の気持ち良さを、女性の体にならずとも体験できるという話を聞いたのです。


それはドライオーガズムというものなのですが、その説明を見聞きしても、その時はあまりピンときませんでした。 そこで体験してみた方が早いだろうと思い、福岡にある風俗店でチャレンジしてみる事にしたのです。 そんな私の前立腺マッサージ体験談をここに記しておきますので、これからチャレンジしようとお考えの方に、少しでも参考になればと思っています。


友人から教えられたお店はM性感風俗だったのですが、ここに前立腺マッサージが上手な風俗嬢がいるとの事でした。 ちなみに前立腺マッサージというのは、ドライオーガズムに到達する性技の一つです。 熟練の技によって、アナルへの指入れも抵抗なく通過し、次第にその気持ち良さを知っていく事になりました。 そして前立腺と言われる部分を、ピンポイントで指で刺激していきます。 この刺激は専用の道具でも行えるそうですが、私の場合は風俗嬢の指が一番しっくりくるようでした。 その感想は、一言で言えば想像以上の苦痛だったのです。 しかし、ただ苦痛なのではなく、気持ち良過ぎるがあまりに勘弁して欲しい、ドライオーガズムに到達するまで、その刺激が続く事に対する我慢が大変という意味です。 それを我慢した先には、あの恍惚とした表情で気持ち良さを味わっている女性と同じ感覚を共有できるのです。 そう考えれば、こうした苦痛に思える部分も、楽しい道のりと思えるかと思います。

先月、出張で福岡に十日間行ってきたのですが、その出張の際に僕は初めて前立腺マッサージを体験しました。 出張先の上司に息抜きにと紹介されたのは、風俗の中でもまだ一度も利用したことのなかったM性感でした。 M性感といえばその名の通り、Mの方が利用する風俗と考えていたのですが、実際に利用してみると、そのあまりにも強い快感に最後は意識が飛んでしまいそうになってしまったほどでした。


前立腺マッサージ体験談などで、前立腺マッサージの快感については以前からネットで読んで知っていました。 何度でもイクことが出来、イク度に快感が高まっていくドライオーガズムは、究極の快感とも言われ、一度味わうともう抜け出すことが出来ないと、そういった話でしたが、正直そういった話は大袈裟に書かれたものだと疑ってもいました。


けれど、プレイの締めとしてお願いした前立腺マッサージで、僕はそのネットで見た前立腺マッサージ体験談どおりの快感を味わうことが出来ました。 初めは少し苦しい感じもあったのですが、後ろから睾丸をいじられながら指で前立腺を刺激されると、自然と快感に変わっていき、頭が真っ白になってしまうほどのオーガズムを体験しました。 今でもまだあのときの快感を忘れることが出来ないほど、本当に最高の快感でした。 次回の福岡出張は再来月なので、そのときはもっと長い時間利用したいと思っています。

今月は、もう風俗に行く余裕がないから我慢しようと決めていたのに、その我慢が続きませんでした。 給料日前の一番お金が無い時なのに、あの気持ち良さがどうしても忘れられず、中州の風俗を利用してしまったのです。


興味本位でお願いした前立腺マッサージにすっかりはまってしまった私は、その気持ち良さを求めて、立て続けに中洲にある風俗を利用しました。 前立腺マッサージ体験談として初体験後を振り返ってみますと、これまで感じたことのない感覚、気持ち良さが全く違った種類である事に感動すら覚えたほどだったのでした。


その初体験からわずか2日後、私はその感覚を再び味わいたくて、風俗を利用しました。 アナルに指が入る事、女性の指によって前立腺をネチネチ、クチュクチュと刺激される事がとにかく新鮮で、世の中にある最上級の気持ち良さは、これだと思ったほどでした。 それだけインパクトのある経験だっただけに、また味わいたいという思いが強く、金欠状態でも何とか捻出して、この極上なサービスを求めてしまうのです。

中洲の風俗情報サイトで前立腺マッサージ体験談を読んで自分もドライオーガズムを体験したくなりました。 アナルプレイは何度か受けたことがあったので、怖いという感じはありません。 それでさっそく中洲の前立腺マッサージ専門店に行ってみたところ、20代後半の技術の高い女性を店員さんに勧めてもらいました。


今回はあくまでもドライオーガズムが目的だったので、自分の好みは無視したのですが、現れた女性が意外とキレイで日本三大美人の博多のすごさを感じました。 そしてさすがにテクニックの高い女性なだけあって、初めての前立腺マッサージだというのに、すぐに気持ちよくさせてくれました。


アナルから腸壁を通して前立腺を刺激されるのですが、指テクがすご過ぎて一気にドライオーガズムまで到達しまったんです。 まさか1回目から成功するなんて思ってもいなかったので驚きでしたが、女性の話によると上手な人がやると、アナルへの恐怖心さえなければ初回でも可能みたいです。

日本最大風俗街である中洲でドライオーガズムに成功しました。 その前立腺マッサージ体験談をしたいと思っているのですが、最初に言っておきたいのはこのプレイはやはりプロにしてもらうのが一番だということです。 実は私は何度か自分でドライにトライして失敗しています。 エネマグラまで自費で買ってこの有様なのです。


それを考えると、中洲の風俗嬢のテクニックは見事でした。 まず、アナルへのアプローチが本当に上手いです。 こちらが緊張しないようにキスをしたり、ペニスを弄ったりしながらの同時攻撃をしてくれます。 これによりアナルの強張りがなくなって、すんなりと指を受け入れられるのです。


そして、感じるポイントを探すのも中洲の風俗嬢は上手です。 常にこちらの反応をうかがっていて、気持ちいい場所を見つけたら徹底的に快感スポットを攻撃してきます。 あとはされるがままになっていれば大丈夫です。 すぐにドライオーガズムの快感がやってきて何も考えられなくなります。

前立腺のマッサージが、とても気持ち良いというのは知っていました。 しかし僕1人では出来ません。 そこで博多のお店に行ってみたのです。 僕の前立腺マッサージ体験談を紹介しましょう。 やはり前立腺マッサージで有名なことはありますね。 スタッフの女性のテクニックのレベルがとても高いです。


前立腺を刺激するには、アナルから指を入れる必要があります。 僕はアナルは初めてだったので、スタッフの女性に正直に「初めてです」と伝えました。 すると女性は笑顔で「大丈夫ですよ」と言ってくれましたよ。 その言葉の通り、本当に大丈夫でした。


四つんばいの僕のアナルに指を入れるときは、僕の状態を見ながらとてもゆっくりで、動くときもゆっくりです。 そして適度に女性の体が、僕の体に密着してきます。 背後からなので、とてつもないどきどき感を味わえますよ。 ペニスに触れられていないのに、絶頂を迎えて、僕はとてもびっくりしました。 とても気も良いので、癖になりそうです。

どういった風俗店を利用するべきか迷った時に私が選んだのは、中洲の前立腺マッサージ体験談を読み漁るという事でした。 少しSMチックなプレイも得意とする風俗店だと聞いていましたので、SMプレイ初体験の人間にとっても楽しめるか気になったのです。


そしてまず調べたのは痛みを伴うプレイをしなくても良いのかという事で、中洲の風俗店では優しさ重視のプレイも選べるという点で安心をしました。 そこで気になったのが前立腺マッサージの気持ち良さで、時間をかけても飽きさせないプレイを重視という点が気に入ったんです。


休日にたっぷりと時間をかけて前立腺マッサージを楽しむつもりでしたから、その情報はとても参考になって風俗店を利用する気になれました。 どうせ前立腺マッサージを楽しむのであれば、時間をかけてドライオーガズムを感じられる事を目指してみるのが良いでしょう。 私もそれで風俗店にハマる事が出来て、良いストレス発散になってくれています。

それまでドライオーガズムという言葉を聞いたことがありませんでした。 これは、男性に用いる言葉で射精を伴わない絶頂のことです。 射精を伴わないので、倦怠感や一瞬の快楽で終わることがない特徴があります。 これを踏まえて、福岡に遊びにいきました。


福岡で受けた前立腺マッサージ体験談は、専門店を探すところから始まりました。 といっても風俗店がたくさんあるので、すぐに見つかりました。 初めてのプレイなので緊張して待っていると可愛い女の子が登場したのです。


こんな女の子にアナルを見られると思うと興奮します。 キスから始まって焦らされたりしながら、ついに指がアナルまではいりました。 入ったときには違和感がありましたが、それが快感に変わるまで時間はかかりませんでした。 女の子ものってきたのか、言葉攻めも加えてくれます。 恥ずかしいけど、気持ちがいいとしかいいようがありません。 ドライオーガズムまでは達することができませんでしたが、かなり快楽に溺れました。 いつかはドライオーガズムも経験してみたいです。

今年に入って早々、出張先である博多の地で前立腺マッサージを初体験しました。 オナニーは手でひたすらしごくだけ、セックスはただ腰を振るだけでしか快感を得られないことに何となく物足りなさを感じ、風俗で見かけるこのプレイを初体験してみる事にしました。


そんな私の博多での前立腺マッサージ体験談は、結論を先に言ってしまいますと、これまでとはまったく別の快感であり、その度合いも予想以上の気持ちよさということで、もっと早くに体験していれば良かったと思ったほどでした。


女性に言われるとおりの四つんばいの体勢を作ると、女性の指がアナルに突入してきました。 指にローションのようなものが付いていたようで、アナルは割りとすんなり受け入れたようでした。 ここからその指が、前立腺と言われるポイントを探り当て、ソフトな刺激を感じました。 しかし、正直思ったよりも気持ち良さを感じず、こんなものかと諦めムードになったのですが、そのスローな刺激、ソフトな刺激が、徐々に波のように押し寄せてきて、えもいわれぬ快感を感じたのでした。 その時気付いたのですが、ペニスに一切触れていないのにビンビンに、更に我慢汁もたらたらと出てきており、最終的にはイク事ができました。

ひとにはそれぞれ異なった性癖があります。 これは、育った環境であったり興味をもったものに関係する場合が多いです。 わたしの場合には、幼少の頃にそういったビデオの影響でレズに関心を持ちました。 後にさまざまなことを調べるうちに前立腺マッサージというものに興味をもつようになりました。 地元にもそういったお店があるので、一度だけ呼んでみたことがあります。


結果だけを言えば、それは満足のいくようなプレイではありませんでした。 そこで、風俗が有名な福岡で前立腺マッサージを行ってもらうことにしました。 吟味した結果、お店を選んだのですが、現れた女性はきれいな感じの人でした。


2回目ということもあり、慣れてきたのかだんだん気持ちよくなってきました。 女性にお尻の穴をもてあそばれているだけで快感でした。 思わず声が出てしまうほどの快感が襲ってきたのです。 その女性は、わたしがどこが気持ちがいいかを聞きながらしてくれるので、本当に気持ちがいいポイントを責めてくるのです。 これが、わたしの前立腺マッサージ体験談です。

私は風俗などに足しげく通う方ではありませんが、たまに行ってみたくなったらネットで調べて料金やシステムなどを理解した上で行くことが多いです。 基本的には、抜いてもらって終わりというのが一つのパターンであることが多いのですが、あまり聞かないマッサージ店のサイトを見つけて、内容を確認したところ前立腺マッサージと書かれていたのです。 すぐに興味を抱いた私は、その店に行ってみることにしました。


初めて経験する行為に少し緊張していましたが、付いてくれた女性の方がとても優しい方でゆっくりと私の緊張を解いてくれて、リラックス出来るようになりました。 ただ、マッサージとはいえ、そういう店だということぐらいは理解しているので、具体的な行為がとても気になっていました。 いよいよ、私のお尻をゆっくり撫でてマッサージしつつアナルにジェルを付けて入口を柔らかくするように弄られ、それだけでもかなり気持ち良かったです。


今度は中の方に彼女の指が入ってきました。 普段は排泄する場所なので、逆に中へ侵入して来る感じが少し気持ち悪いとも思いましたが、身を任せていました。 次に指を抜いて、少し長めの棒状の器具を穴に入れて来たのです。 さすがに声が出てしまいましたが、今までに感じたことのない感覚が私に襲いかかりました。 器具が5センチか10センチぐらい入ったあたりで強烈な気持ち良さを感じたのです。 触れられてもいない私の下半身が急に屹立してしまったのです。 とたんに恥ずかしさが込み上げて来てしまい、顔を隠したくなりました。 彼女は何度もそのポイントを突いて来て気が狂うかと思う程に気持ち良かったです。 最後にちゃんとイカせてくれました。 以上が福岡で前立腺マッサージ体験談を語らせてもらったものです。

福岡の痴女性感で前立腺マッサージをしてきました。 とはいっても、ずっとしていたわけではなく、ゆったりとしたスローセックスの中でのワンシーンのような感じでした。 痴女性感とは言っても、うっとうしいようなタイプの肉食系ではなく、完全に奉仕してくれるようなサービスだったので、基本プレイ全てが高品質でしたよ。


もちろん、前立腺マッサージもすばらしく、ゆっくりと時間をかけてやってくれます。 いやらしい言葉を耳元で囁いてくれながら、手コキとアナルを同時に攻めてくるんです。 アナルは最初抵抗感があるのですが、手コキの気持ちよさのおかげで、すぐに中に受け入れてしまいました。


そして、指がアナルの奥の前立腺に届いたとき、これまでの世界とは全く違う快感が襲ってきたのです。 よく女性のイクという経験できると言いますが、体が女性になってしまったかのような感覚です。 福岡の前立腺マッサージは丁寧でゆったりとしているので、初めてのドライオーガズムには最適です。

先日、出張で赴いた福岡での前立腺マッサージ体験談です。 私は元々、性的なサービスは何でもやってみようというタイプのチャレンジャーです。 SMプレイもやりましたし、男の潮吹きも体験しました。 しかし、ドライオーガズムというものはまだ体験していなかったので、出張ついでにやってみようということになりました。


前立腺マッサージはアナルをいじられるので、抵抗したり恥ずかしがったりする人もいるそうですが、私はすでにアナルはM性感の風俗で開発されているので、割とスンナリ女性コンパニオンの指を受け入れることができました。


正直最初は肛門の健康診断を受けているような気分でしたが、いざ前立腺への刺激がはじまると、あっというまにペニスが勃起してしまったのです。 まさかここまで気持ちいいとはと思っていたら、次の快感がすぐにやってきて、それはこれまでに感じたことのないすさまじいものでした。 まだまだドライオーガズム初心者ですが、これは相当ハマりそうです。

性感帯の刺激は人にしてもらうのと、自分でするのではかなり違いがあります。 うわさに高い福岡の風俗店で、前立腺マッサージなるオプションがあったのでものは試しとやってみましたが、あまりのすごさに我を忘れてはまってしまいました。 M性感なるサービスだったので、基本的に私はマグロの状態でされるがままだったのですが、自分でも驚くほどの声が出てしまったのです。


初体験がセンセーショナルだったので驚きましたが、何度か味わううちにコツがつかめてきました。 福岡ではいろいろなお店で前立腺マッサージをしてくれるらしく、女の子もそれに関してはここがいいよと教えてくれたのです。 それを頼りにドライオーガズムを得るため、アナル刺激の極意を得ようとがんばっています。


射精の快感はかなり大きいですが、ドライはそれを軽く凌駕しています。 何しろ、全身を震わせてしまうくらいの快感が得られるわけですから、正気ではいられないのです。 今はいろいろな器具を使って前立腺刺激をする方法もあり、ますますアナル刺激が楽しくなっています。

前立腺マッサージ体験談というものを見たことはありますか? ここにはリアルな実際に体験したことが、生々しく載っていて読んでいくうちに自分も体験してしまいたくなってしまう程です。 初めて経験をする前で見当がつかない場合には、想像もしやすくなるでしょう。


福岡でもこの前立腺マッサージを受けることができるお店はあります。 ここでは、初心者の方の場合にはとくに細い綿棒のようなものや指など、あまりアナルに刺激がないものを使って刺激を行うのです。 そして続けていくうちに、射精の時のイク時のような快感に襲われていきます。


実際にイク時は、射精時に感じる快感とは比べものにならないくらいに気持ちがいいです。 そしてその長さも長いので、じっくりと体全身でその気持ち良さを味わうことができるでしょう。 前立腺マッサージ体験談を参考にした時の想像していた気持ち良さを、時間をかけて女の子に刺激をしてもらっているうちに感じます。 頼む時にはすぐに快感が訪れる訳ではないので、時間を長めにお願いしてみましょう。

ふわりと体が舞い上がるほど気持ちのいい経験をしたことがありますか。 性的なサービスでそれを得たことは私は何回もあり、一度覚えると体がそれを記憶して、快感を感じやすくなるのです。 男のアナルが気持ちいいと聞いてから、職場にほど近い福岡の前立腺マッサージのお店で、どれほどのものか体験してみました。


想像を絶する快感を味わったのはお店に入ってプレイが始まってから15分くらいのことでした。 体の芯を快感が突き抜けるとは、こういうことを言うのでしょう。 福岡の前立腺マッサージのレベルの高さはうわさ以上であり、私は男同士のセックスがなぜあれだけタブー視されているのか、身をもって思い知ったのです。 なんといっても気持ちよすぎるので、はまってしまいます。


指やディルドなどで男性のアナルを刺激するプレイは昔からありましたが、今はもっと本格的にスポットを攻めるため、特定の器具が作られ、お店でも使われていました。 私も自分のお尻の穴にそれをいれられた時はさすがにびっくりし、声が出てしまったのです。

気持ちのいいこと、楽しいことはやめたくないでしょう。 それは人間の欲求にマッチしているからで、私たちの誰もがそれを感じています。 この前久しぶりに思い出の地福岡で、風俗めぐりをしてきました。 そこで前立腺マッサージを味わったのが運命との出会いで、以来ずっとやみつきになっています。 これは、まさにツボにはまったのでしょう。


きっかけはささいなことでしたが、アナルには前々から興味がありました。 指で肛門をいじっていると、なぜか気持ちの良い時があったからです。 そのことを福岡の前立腺マッサージのお店で女の子に話すと、それは素質がある証拠ですといわれ、自分のアナル好きを確信しました。 今は専用の刺激用器具も充実していて、快感が楽に得られると聞きます。


やみつきになってしまったのはちょっと困りましたが、私自身がアナルの快感を好んで受け入れたこともあり、今では習慣になっています。 九州は良くいく場所ですし、また新たな感動を味わいにいくのも悪くないと考えているのです。

本質的に人間は快感を求める動物です。 私も例外ではなく、男性として当然の反応ながら、ペニスに刺激を受ければうれしくなります。 九州で育った私は、性に関してもかなりあけっぴろげな環境の中で成長してきました。 そのせいか、福岡の風俗街にも抵抗なく出入りしていたのです。 今はそこで前立腺マッサージを覚え、実に刺激的な毎日を送っています。


アナルがタブー視されていたのは、男性がこれに夢中になってしまうからでしょう。 私も福岡の前立腺マッサージの専門店で、器具を入れてのプレイを楽しみました。 すると、今まで出したこともないような嬌声を発し、気絶してしまったのです。 これは生涯でも初めての経験でしたし、ある意味センセーショナルな出来事でした。


程よく世間一般にドライオーガズムが浸透してきた今の状況は、私のようなアブノーマル派にとってはかなりおいしい状況ととれます。 ネットでさまざまな情報を仕入れ、自分にとって楽しめるサービスを見つけていくのは、えもいわれぬ快感が伴うのです。

風俗には好きなんでよく行くんですが、福岡の前立腺マッサージ体験談は私の中でもかなりの伝説になっており、そのよさは私の風俗体験の中ではダントツでN01です。 前立腺マッサージと聞いてピンとこなかったのですが、実際にプレイしてみたらそれはもう新境地でした。


かわいらしいお嬢に肛門のマッサージを施してもらい、まずはゆっくりとほぐす感じで行い、その後合図と共に指を肛門に第一関節くらいまでをゆっくり入れていきます。 その時点でかなりの快楽だったのですが、その前立腺に到達後のマッサージには思わず喘ぎ声を・・・・普段はじっくりプレイしてから射精するのですが、このときばかりは速攻で逝っちゃいました。


福岡でこの様に素晴らしいマッサージが出来るとこがあることにもビックリだったのですが、そのプレイ自体初めてだったので、これは今後癖になってしまう事間違いなしです。 今では1ヶ月に2回は通っているのですが、更に頻度が増えちゃいそうです。

20代前半でした前立腺マッサージ体験談です。 いつも通っていた福岡の回春アロママッサージをしているお店で、数年前にはじまったのがきっかけで前立腺マッサージにトライしてみたんです。 最初は前立腺なんてものも知らなかったくらいなのですが、はじめてわずか3回目でドライオーガズムを経験しました。


この快楽の気持ち良さが女性並みで、しかも持続するというのは、風俗に足を運ぶ方ならよくご存知でしょうが、前立腺マッサージを続けてドライオーガズムに何度も達していると、肉体的な変化が出てくるのはご存知でしょうか?


実はペニスが勃起するときの力や持続力がけっこう上がるんですよ。 早漏気味だった私も治りましたし、その上、ペニスを含めた全身の快感度もアップします。 日頃のエッチやオナニーが長く気持ち良くなるんです。 おまけに全身の血の流れが良くなるので、体調もアップしますし、肩こりに悩まされていた私も今では湿布いらずになりましたよ。

あれはまだ社会人になって一年目のころ、福岡出張を初めて命じられて、とても緊張していたために、すこし不手際があって叱られた後の夜の事です。 本当にへこんでしまったので、翌日からの元気を取り戻し、風俗サービスでスカッとしようと、風俗店に行ってみました。 すると前立腺マッサージサービスがあったので、試したのです。


正直、出張前に情報収集したときには福岡で風俗サービスがかなり過激というのは知っていました。 実際に行ってみると、前立腺マッサージ体験談としては、具体的にいうと、よく知られている専用器具をアナルに挿入して前立腺を刺激するというものではなく、風俗嬢の指で前立腺のツボを絶妙なテンポで刺激する、という事を提示できます。 人生初の衝撃的体験でしたね。


なんといっても、そのときの前立腺マッサージを施術してくれた風俗嬢のテクニックが絶品で、5回以上連続で絶頂感を得る事ができました。 風俗嬢は私の反応をみて、身体の跳ね回り具合に気をよくしてくれたのか、フェラやリップもサービスしてくれて、本当に濃密な体験ができました。 風俗街に立ち寄るたび、福岡での体験談を思い出すのです。

九州旅行をして、最後の日に風俗に行こうと誰かが言い出しました。 私はここでしか味わえない福岡の前立腺マッサージがどんなものか体験するつもりでお店に入り、女の子を指名したのです。 来てくれたのは私好みの大学生でして、おっぱいが大きかったのを覚えています。 彼女は親切にプレイ内容を教えてくれて、いろいろと世間話もしました。


いよいよプレイが開始され、私は基本的にねっころがったままです。 これは福岡の前立腺マッサージだけでなく、全国で行われるスタイルのようでした。 指をアナルに入れられ、かなり長い間動かされていましたが、ふいに上り詰めるような不思議な感覚に襲われたのです。 その後のことはあまりよく覚えていませんが、変な声を発した気がします。


また、不思議なことに射精はせず、ただ快感のみがありました。 後から調べたらこれがドライオーガズムだったらしく、究極の快感と呼ばれるものを計らずも体験してしまったわけです。 ちょっとしたスペクタクルがあって、以来これは私の癖になってしまいました。

私には誰にも言えない悩みがありました。 それは、夜の生活が年齢にそうように弱くなってきたことです。 性欲は十分にあるんですが、どうも中折れが多くなってきたんですね。 口には出しませんが、嫁も不満を抱えているようです。


そんなとき、福岡に前立腺マッサージをしてくれるお店がいいと聞いてさっそく行ってきました。 ちなみに私はアナルはいままでしたことがなかったので、少し不安を感じていたのも事実です。 前立腺刺激には指のほかに専用の器具を使うようだったので、まずは指でしてもらうことにしました。


ゆっくりとアナルにめり込んでくる指は、あるポイントで前後にこすられます。 今まで感じたことのない全身が震えるような快感が走ったとき、股間が痛いくらいに張りつめているのに気づきました。 そのまま手コキで射精をされたのですが、その爽快感は久しぶりのものでとても満足しましたね。 前立腺は夜の生活を強くする機能もあるようです。 悩んでいたら、私のような解決法もあることを思い出してみてください。

一途に一つの風俗を極めるのも悪くないものです。 私は最近アナルの刺激にはまっていまして、そのきっかけになったのが同僚の福岡で体験した前立腺マッサージの話でした。 関東にもアナル関連のサービスをしてくれるヘルスなどは多いので、そちらに行くことはありますが、どうにも物足りないのです。 そのため、意を決して博多まで飛ぶことにしました。


話に聞いていたお店はすぐに見つかり、私は夜になるのを待てず夕方から行きました。 福岡で前立腺マッサージを体感するのはこれが始めてでしたが、相手をしてくれたマッサージ嬢が非常に手馴れたプロだったので、痛みも不快感も感じることなく、気がついたらわけのわからない叫び声をあげて昇天していたのです。


後からこれがドライオーガズムだったのかと知り、一つ勉強をしました。 私個人としてはこうした体験はあまりしたことはなかったのですが、風俗に行く楽しみが一つ増えたのは間違いありません。 今は近所の風俗店でもアナルの快楽に夢中になり、極めつつあります。

我々、風俗仲間の間で、今話題になっているのが前立腺マッサージであります。 基本的に受け身のサービスは受けたことがないので少し馴染めない気がするものの、女性のオーガニズムと同じ快感を味わうことが出来るらしいといううわさが先行してその話は尽きませんでした。


仲間には、研究熱心なものが何人かいて、どういう風になるとその快感を味わうことが出来るのかを調べてきて説明してくれるのです。 ある者は、エネマグラという自分で肛門の中に入れて前立腺マッサージが出来るものまで手に入れました。 どこからか購入するか、早速試してみたらしいのですが、駄目だったようです。


やはり、福岡の前立腺マッサージに手なれた店を訪ねてみることにしました。 看板にM性感とか書いてあって、大きな店を選んで突入しました。 痴女という設定の女性が出てきて、簡単な説明がありました。 オイルを丁寧に塗られて、ゴム手袋をはめたその女性の指がお尻の中でゆっくりとゆっくりとかきまわされるようにマッサージを受け続けました。 しばらくして突然、下半身がぞくっとするような気持ちよさ?がおおって、その状態がしばらく続きました。 これがドライオーガズムかどうかは良くわかりませんが日常体験出来ない心地よさであることは間違いありませんでした。

僕はとてもエッチが好きです。 だから女性が、痙攣しななら気持ちよくなっているのを少し、羨ましいと思っていました。 男性の場合は、射精するとそれ以上は気持ちよくはなれないのです。 しかし、前立腺マッサージをすれば、その考え方は変わります。 さっそくですが、福岡での前立腺マッサージ体験談を語りましょう。


女性スタッフがリードしてくれるので、男性は基本的にはベットの上に寝ているだけになります。 前立腺を刺激するには、アナルから指をいれる必要があるので、僕は四つんばいになっていました。 Gスポットは、指を少しいれたあたりにあります。 ローションを使ったので、痛みなどは一切ありませんでした。


やはり、前立腺マッサージをしてよかったと思いましたね。 だって、指が中で動いているなあ、不思議な感じだなあと思っているうちに、信じられないほどの快感が、体の奥のほうから押し寄せてきたのです。 1度、体験してみれば世界がガラッと変わりますよ。

福岡の前立腺マッサージ体験談を聞いてください。 私は以前から、話題の前立腺マッサージも体験したいと思っていました。 そして1度でいいので、2人の女性から犯されたいと思っていたのです。 今回の体験は、私の人生観を変えてしまうくらいの衝撃的なものでした。


部屋に入って、はじめてであることを最初に告げました。 担当の女性は優しい笑顔を浮かべながら、「大丈夫です。 すぐに気持ちよくなりますよ」と言ってくれましたよ。 まさにその言葉通りでしたね。 ローションでアナルの周辺をマッサージしてくれたのですが、すでに私にはそれだけで気持ちが良かったです。 ヌルヌルとした感触と、女性の温かい手がおしりをなでまわされる、普通ではされないことではないでしょうか。


いよいよ挿入のなったときは、全身が痺れるような不思議な感覚がしました。 声もセックスのときに女性が出すような「ああんっ」というものが飛び出していましたよ。 挿入されたのは指だったのですが、中で動くたびに全身が痺れました。

私は福岡県に観光旅行に行ったときに、風俗遊びも体験してきました。 その時に私が受けた前立腺マッサージ体験談についてお話しします。 福岡県内のホテルに滞在中に私が利用したのは、女の子のデリバリーサービスを行ってくれる風俗店です。


旅先のホテルでくつろいでいたら、急にムラムラした気分になってしまい、女の子と遊びたくなってしまったからです。 そこで、風俗店へ電話して滞在しているホテルに女の子を届けてもらうことにしたのです。 連絡してからすぐに女の子がホテルまで来てくれました。


女の子と軽くトークをしてから、前立腺マッサージなどのサービスをしてもらいました。 女の子に手で下半身を刺激されると、すぐに気持ちがよくなってしまい、あっという間にイッてしまいました。 風俗の女の子は前立腺マッサージなどのテクニックが優れていますので、すぐに快感に達してしまいますね。 気持ちがよい風俗遊びが出来て、楽しい福岡旅行の思い出となりました。

今年のプレイは前立腺マッサージで始まりました。 福岡のヘルスサービスをお願いした際に、前立腺マッサージなるものがある、 ときいたので、どんなものか試すために、お願いしてみました。 正直、前立腺がなんだかもよくわかっていませんでした。


女性がやってきて、丁寧に体を洗ってくれ、 その後からだを押し付けて、いやらしい気分になってきたと思ったら、 いきなり大きく足を開かされて、アナルを刺激されはじめてびっくりです。 これまでそんなところを刺激されたことがなかったので、心臓がバクバクです。 と同時に、可愛い女の子にそんなことをされて、もうあそこはズキズキです。


お尻の穴はそんなに大きくない筈なのですが、指で優しく揉み解されているうちに、大きくなって汗ばんできました。 それと同時に、器具がすっと入ってもう声がでまくりです。 一旦声を出したら、とまりません。 ストレス発散もかねて、思う存分声をだして、射精したあとは、もう脱力感ですっきりです。 もうくせになりそうで月1度はしたいプレイです。

身体の一部を刺激する事によって、他の部位にまで快感が届いてくるぐらい、 響き渡る快感というものを味わった事がありますでしょうか。 それを味わえるのが福岡の風俗でテクニック面でも好評な前立腺マッサージで、 評判の良さを聞いて自分も長時間プレイで体感させてもらいました。


その際に驚いたのが前立腺を刺激するまでの手順の細かさで、 お尻の表面を撫で回す事でまるで女の子になった様な気持ちを味わえれば、 乳首責めをたっぷりとしてもらう事で身体の力を抜いて受け身になっていられて、 相手に全てを委ねられる感覚になってから前立腺マッサージを始めるところが最高です。


そこからは優しく丁寧に前立腺を刺激してくれていたのですけど、 それとは逆に亀頭責めは激しく行ってほしいという、 こちらの注文もきちんと聞いてくれるところも良かったと思います。 その御蔭で今までに達した事が無いぐらい深い絶頂を味わえました。 男性ならば一度は味わっておくべき快感です。

少し前まで山口に住んでいました。 山口の風俗店を利用していたら知り合いに鉢合わせする可能性があると不安だったので、わざわざ海峡を渡って福岡の風俗店に通っていました。 そこで出会ったのが前立腺マッサージというオプションです。


福岡で体験した前立腺マッサージとは?」と興味津々の方もいらっしゃるでしょう。 前立腺というのはアナルの奥にある部位で風俗嬢に指を入れてもらってそこを刺激してもらうのです。 正直、最初は抵抗がありました。 しかし、経験してみると今までの射精とは違った奥からこみ上げるような快感を得ることができて嵌ってしまいました。


現在は山口から大阪に引っ越してしまったので福岡の風俗店に通うことはなくなりました。 でも、大阪のほうの風俗店でも3回に1回は前立腺マッサージをしてもらっています。 今までにない快感を得られることができるので、まだ試したことのない人は前立腺マッサージを初体験することをオススメします。

福岡出張で体験した前立腺マッサージが凄い!という知人がいたので 気になって仕方なく、最近サイトでどのようなマッサージなのか調べてみました。 すると、エネマグラという医療機器か指でお尻の穴を刺激マッサージするものだとわかりました。


エネマグラは50歳以上の方が健康診断で前立腺検査をする時にも用いられるれっきとした道具だそうですが、まだまだそんな検査をした事がない私にとっては 未知の世界です。 それだけにどんな快感が待っているのか、期待で胸が弾みます。


最近では福岡で前立腺マッサージをうけて、快感になった、という方が大勢でてきたので、これは自分も早く体験しなくては!と焦る一方です。 女性にそんな道具を使われて、お尻の穴を攻められるなんて、何だかもう想像しただけで、イッてしまいそう。 話によるとプレイは90分ほどだそうですが、 その間に何度も「いく~!」という感覚が味わえるとの評判なので、 今年は新しい快感が楽しめるのでは、と福岡で前立腺マッサージを体験 することがかなり私の目標になっています。

ドライオーガニズムのことは興味は持っていました。 元々は前立腺の治療の際の肛門の奥をマッサージをした時に非常に快感が伴うことから始まったものですね。 その実態は、所謂射精とはことなり、むしろ女性のエクスタシーに近いもので、放出をともないません。 名前の由来もそこからきていると言われています。


前立腺に規則正しいマッサージを施すためには肛門の中に指、あるいはその為の何かを挿入し振動を与えることが必要です。 男性が自分でこれをしようとすると、物理的に無理な体型を取る必要があります。 その為にグッズは欧米では市販されており、マニアの中では当たり前のように出回っています。


自分で快感の発生に至るのはかなりの熟練度を必要とし、むしろ手慣れた女性のリードに身を任せる方が絶対にいいです。 私個人のドライオーガズム体験談からいうと、福岡中洲にある風俗店には、リードのうまい女の子が何人かいます。 彼らに身を任せるのが一番賢いやり方です。 その為には、メニューの中に、ドライオーガズムとM性感とかをきちんとうたっているところを選ぶのが肝要です。 店選びが肝のところです。