スマホ版に切り替え

HOME -> 京橋 痴女

SM系のプレイが得意な女性でなければ、男性の身体を痛め付けるプレイを行っている際に、女性側が遠慮気味になっている事が分かってしまいます。 その遠慮が被虐的な興奮がさめる原因になってしまうからこそ、力強い責めを受けたいと考える男性も多く、そういう方とも大阪京橋の痴女は相性が良いです。


普通の女性であれば遠慮をしてしまうような、激しい睾丸責めまで楽しそうに行ってくれるのが、大阪京橋の痴女が凄いと言われる理由となっています。 手だけでなくカカトまで使って、睾丸を痛めつけてくれる際には、女性が笑顔で楽しそうにやってくれたり、性的興奮を覚えている事が分かりやすいのです。


自分の睾丸を痛めつけている女性が、こんなに興奮してくれているというだけで、マゾとして幸せな気持ちが芽生えてくる事は間違いありません。 責めに込められる力の強さは、男性側がリクエストできるからこそ、ハードなプレイを好んでいる男性でも満足できます。

積極的にアプローチしてくる女性、男にとって、これ以上喜ばしいシチュエーションは無いでしょう。 それは風俗でも同じ事で、仕事でサービスをしているとは思えない積極さが感じられると、それだけで利用して良かったと思えるのでした。


そんな喜ばしい体験を私も大阪京橋で体験してきました。 そのお店はデリバリータイプのM性感風俗で、風俗嬢は痴女なのです。 言葉では聞いたことのある「痴女」、実際に会ったのは初めてだったのですが、特に普通の女性と変わらなく見えました。


しかしプレイが始まると、一気にその様相が変化したのです。 私の体を値踏みするように全身を食い入るように眺め、その最中、いやらしい目つきで、時に舌なめずりまでしていました。 そして肌に触れ、マッサージを行なうと、私が感じてしまうはずなのに、私以上に気持ち良さそうな表情を浮かべているのです。 絶えず体を押し付けるようにして、こちらがお触りできなくても、そうしているような体験も叶いましたし、フィニッシュへと向かう責めは、幾重もの責め技が繰り出され、体が限界を迎えると同時に発射という最高のタイミングでした。 こんなにもエッチに貪欲な女性は生まれて初めて、何度だってお願いしたいと思えるお相手でした。

せっかくの痴女体験、ここは一つ3Pと決め込みましょう。 このタイプの女性は、責める、責められるのどちらにも柔軟に対応できるのですが、個人的には責め役をお願いするべきだと思っています。 そして、その責めを受ける場所には、大阪京橋のM性感風俗が一番です。


大阪京橋のM性感風俗には、風俗嬢は痴女しかいません。 誰を指名してもハズレが無い、だからこそ3Pだって確実に楽しめるのです。 一人を相手にするのも、はっきり言ってかなりの快感を体験できるでしょう。 その気持ちよさは想像以上で、気持ちよすぎて悶絶してしまうことも珍しくありません。


そんなポテンシャルを秘めた痴女の同時攻撃、おそらく相当な快感をもたらしてくれるはずです。 刺激に弱すぎる人は、確実に失神してしまうでしょう。 また、それほどでもないという人であっても、これまで発したことが無いような情けない声が出てしまったり、「もう止めてください」と懇願してしまうはずです。 そういった反応を示しているのに、いざその手を止められてしまうと残念でならない、それこそが大阪京橋のM性感風俗なのです。