スマホ版に切り替え

HOME -> 博多 痴女

博多美人という言葉がありますが、とても色白で気立てがよい美人な女の子をイメージされる方も多いと思います。 しかし、博多美人は夜になると豹変します。 博多と言えば、風俗街を連想される方もいますが、この風俗街にいる女の子達は、本物のエロティック的要素を持ち合わせているので、他地域に比べるとかなり男性客に濃厚なサービスをしてくれます。


私が最近お気に入りのお店は、痴女性感フェチ倶楽部というお店なのですが、このお店はなんと朝の9時から、翌朝の5時まで営業をしており、ほぼ1日中エッチを楽しむことができるのです。 福岡方面に出張に来たら、毎回このお店にお忍びで利用しています。


ここに在籍している女の子達も、こんなに可愛い子がと驚くような子ばかりで、しかもかなり刺激的ないけないことを色々と仕掛けてくるので、毎回通うのが本当に楽しみなお店なのです。 出張先でさびしい夜も、このお店に通えば日常では経験できないオーガズムを追求することが出来ます。 刺激的な夜を過ごしたいという方は、一度通ってみるとよいでしょう。 虜になりますよ。

今回はいつもと少し違うジャンルのお店に行ってみようと考えて、博多の痴女がいるお店に行ってみてきました。 男性のようにいやらしい事を想像して、実際に気持ち良く責めてくれるお店と聞いてとても気になったのです。


お店に行くタイプではなくデリヘルとして家やホテルに来てくれるタイプだったので、僕のお気に入りのホテルまで来てもらう事にしました。 そこでは少しSMな雰囲気がある部屋があり、痴女に犯してもらうにはピッタリな部屋と感じたのです。


女の子が到着するとまずは自己紹介をしてくれて、丁寧に体拭きまで行い裸のまま横たわりました。 そして本格的なマッサージから始まったのです。 始めは手や足の先から始まり、少しずつペニスへと手が動いていきました。 気持ち良くなっていきうっとりしていると、言葉責めをしながら上目遣いに上半身リップをされてしまったのです。 そして顔面騎乗や聖水も行い、最後には睾丸部分もたっぷりとマッサージされながら射精もしてしまいました。

どれだけ自分の身体をエロティックに見せ付けられるか、興奮しながら意識してくれるのは博多の痴女ならではのプレイだと思います。 お尻をこちらに向けながらマッサージを行ってくれるプレイでも、遠慮なくお尻を顔面に押し付けてくれるところがたまりません。 上下左右にお尻を揺らしながら顔面に擦り付けてくれたりと、エロティックな動きを意識してくれている事が分かります。


そんなお尻を擦り付けるプレイを続けられている内に、女性側の息も荒くなっているのが感じられるのです。 女性側もプレイに興奮しているという事を、しっかりとこちらに伝えてくれるのは痴女らしいプレイと感じられます。


段々とお尻を擦り付ける動きも激しくなってきても、同時に身体をマッサージする手の動きが雑にならない様に注意しているところは流石です。 エロティックな痴女としてのスタイルを楽しませてくれながらも、プロ意識を感じられるというのは博多の風俗の素晴らしいところだと思います。