スマホ版に切り替え

HOME -> 排泄・スカトロ

スカトロというと排泄行為を楽しむプレイで一部のマニアのみが愛好するように思われがちですが、最近は聖水プレイと名前を変えてごく当たり前に行われる遊び方になりました。 確かに排泄物を放置すると衛生的ではありませんので、すぐに後片付けができるようにしておく必要があります。 また、臭いがありますのでラブホテルなどで行うにしてもホテル側に迷惑をかけないように注意しなければなりません。


ホテルなどに迷惑を掛けないと言うことを徹底しておけば、後は客とお店の女の子の二人だけの秘め事として楽しむのが良いでしょう。 中洲のデリヘルでも聖水と銘打ったプレイは当然用意されていて、無料~3000円程度の料金で楽しむことができるのです。


聖水プレイを楽しむのならば、予約の段階でお店に対応可能な女の子を割り当ててもらうのが良いでしょう。 女の子にとっても聖水は恥ずかしいという感情はあるものの、稼げるプレイになりますので喜んで対応してくれます。

SMで同じ風俗嬢を指名して長く遊んでいると、段々新しい刺激が欲しくなってきます。 それで快楽や羞恥プレイをさらに追求したくなって、私は中洲の風俗嬢にまずは聖水プレイをしてもらいました。 おしっこを見てしまうと、当然ウンチまで見たくなってしまうのが性への欲求というもので、次はスカトロプレイをすることを要求します。


おしっこは抵抗なくする子でも、排泄行為を見られるのに抵抗を示す女性は多いようです。 私が調教している風俗嬢もおしっこは命令通りにすんなり行ってくれたのに、ウンチとなると恥ずかしさで少しな泣きそうになっていました。


もちろん、抵抗されると興奮するのがSMというものです。 涙目になる風俗嬢に排泄行為を強制し、じっくりと観察します。 普通に生活していれば、絶対に見られることのない行為を観賞されることの屈辱感は相当なものでしょう。 こちらとしてはそれが面白くてたまらないですし、女性のウンチが肛門から出てくる瞬間を見られるのもたまりません。

中洲での風俗遊びも少しマンネリ化してきたことから、スカトロという新しい遊びを楽しんでみることにしました。 スカトロとは排泄行為、つまりウンチをする女性を見て楽しんだり、排泄物の見た目やニオイなどを堪能するプレイです。


おそらく初心者にはかなりキツイというかマニアックすぎる遊びだとは思います。 中洲の風俗遊びの長い私でさえ、ここまで来るのに10年は掛かりました。 しかし、スカトロは究極の羞恥プレイです。 オシッコの聖水プレイも同じようなものですが、ウンチをしている姿を見られることほど恥ずかしいものはないのです。


ですから、このプレイの醍醐味はシテいる瞬間の女の子の表情や肛門の動きの観察になります。 女性がウンチをする瞬間なんて、おそらくは一生見ることはないでしょう。 とても神秘的にも感じられますし、一つ達観できる気もしますから、人生で一度は経験しておくべきプレイだと思っています。 排泄行為を経験すれば、貴方も立派な中洲マスターです。

異性に排泄行為を見られる、それも凝視されるというのはこの上なく羞恥心をそそられるものです。 性器と排泄器が同じである男性、また女性の場合もクリトリスと膣の中間に尿道口があるのでエッチなことをすればかならず刺激を受ける場所といえるでしょう。 そんな排泄行為を絡めたエッチなプレイをスカトロといいます。


博多のm性感店では聖水プレイと称して若い女性が大股開きで放尿してくれるのですから、ファンにとっては堪えられない刺激になっていると評判です。 仕事とはいえ、女性が自ら男性の前で放尿するのですから恥ずかしいに決まっています。 その恥ずかしがる姿が可愛いと言うのですから何とも萌える話です。


博多の女性は度胸が据わっているところがあるので、自分が放尿することで男性客が喜んでくれるのなら、スカトロでも何でも頑張りますというところがあります。 今まで一度もスカトロに挑戦したことがない男性でも、博多の女性が優しく相手をしてくれますから、ぜひチャレンジしてみてください。

最近、変わった強制わいせつ事件のニュースが目立ちます。 女子トイレにカメラをしかけて、女性が排泄するシーンを盗撮したとか、女性に密かに利尿剤を飲ませ、おしっこを我慢する顔を楽しんだり、目の前で排尿させて喜んだりといった男性がつかまっているのです。


このニュースを見たインターネットの掲示板には、変態の文字が躍ります。 確かに一般的な感覚では変わった趣味と思われるかもしれません。 しかし、こうした性癖はスカトロというジャンルで、少なからず一定の支持を集めるジャンルなのです。 こうしたニュースに浮上するのは、変態ではなく、その氷山の一角といえるでしょう。


もっとも、犯罪をしてはなりません。 こうしたニュースを聞くたび、なぜ博多にあるようなフェチ倶楽部やSMクラブを利用しなかったのだろうかと思ってしまいます。 もし、その存在を知っていたり、遊ぶお金があれば、犯罪者にならずに済んだのにと思うのです。 自分の変わった性癖を満たしてくれるお店との出会いは、とっても重要だと思うこのごろです。

誰だって排泄行為を見られるのは羞恥心を掻き立てられるのものです。 しかし、そんな恥ずかしいところを誰かに見られたいと言う願望もあると思います。 中洲のm性感風俗では、スカトロに興味のある痴女が集まって、男性客の求めに応じて自らの排泄シーンを見てもらっているのです。


痴女に話を聞いてみると、何度やっても恥ずかしくて慣れることはないのだそうですが、見られるのもやがて快感になって来るとのこと。 男性客が喜んでくれるのなら、これくらいのことはしてあげたいと言う気風の良い博多っ子の心意気が良く現れていると思います。


さらに、尿意を我慢する必要がなくなるのもメリットだそうです。 確かに男性の前でトイレに行きたいと言うのも、それなりに恥ずかしいことなので、通常は我慢している尿意をプレイとしていつでも解放できるのは女性にとっても嬉しい副産物と言えるでしょう。 若い女性の放尿シーンを見られるので男性客にとっても萌えることと思います。

博多中洲のM性感風俗では、痴女の排泄行為を凝視することが可能です。 いわゆるスカトロプレイですが、最近は聖水プレイという言い方をするようです。 中洲で排泄スカトロプレイを堪能するのならば福岡痴女M性感フェチ倶楽部というお店がお勧めです。 何と無料で聖水が楽しめますので、予約のときに依頼しておきましょう。


誰だって若い女性の放尿には興味があるようで、殆どの男性客が聖水オプションを活用しています。 どこの風俗でも最近はオプションに聖水を取り入れているので今ではすっかり一般的なプレイと言えるでしょう。 福岡痴女M性感フェチ倶楽部からやってくる女性は痴女ですから聖水プレイにも積極的に応じてもらえます。


中洲で排泄スカトロプレイを堪能するには、聖水の量もたくさん出してもらう必要があります。 痴女がやって来たらスポーツドリンクなどを飲ませてあげてください。 何も言わなくても痴女はあなたがドリンクを飲ませる意味を分かってくれますので、快く対応してくれることでしょう。

ソフトSMも中級になると羞恥心をいっそう掻き立てるプレイに挑戦してみたくなります。 女性の恥ずかしがる姿をみると興奮度がアップしてくるし、二人の関係も親密になるような感じがするのです。 先日福岡・中洲のM性感風俗で遊んだのがまさにそんなプレイでした。


女の子は以前遊んだことのある子で、この次の指名の時はもっと恥ずかしいプレイをして欲しいとお願いしていたのです。 女の子もそのことを覚えていて快く受け入れてくれました。 そのプレイとは排泄行為を私の前で見せてもらうということです。


これってスカトロっていうのでしょうか。 人前ではなかなか見せることのない排泄行為を観賞されたり、排泄物の臭いを嗅がれたり、舐められたりするのはこの上なく羞恥心を掻き立てられると思います。 しかし、女の子は、男性に喜んでもらうためなら恥ずかしいことでも頑張ってチャレンジしてくれました。 耳たぶまで真っ赤になってプレイしてくれた博多娘に感謝です。

排泄スカトロプレイというと不潔とか臭いとかいう印象が強いのですが、今はどこのデリヘルも聖水はオプションで付いていて、たいていのお客さんは選択しているようです。 風俗で働く女性の方もどうせ裸を見られるのなら排泄行為を見られても一緒と思うのか、それとも聖水プレイが対応可能だと指名が入るからなのか、積極的に応じている模様です。


博多の中洲はそんなデリヘルやM性感風俗が活発で、もちろん聖水対応可能な女性を取り揃えて男性客からのコールを待っているのです。 最近はオプションだけど無料という店も増えて来て、若い女性の聖水を無料で楽しめる環境が整ってきています。


実際に風俗で働いている女性に聖水について尋ねてみると、恥ずかしいことは恥ずかしいが慣れたとか、お客さんの前でトイレに行きたいというのが恥ずかしかったが、我慢せずに放尿した方がお客さんが喜んでくれるので、却って楽になったとかいう意見を聴くことができました。 女の子も実は放尿シーンを見られたがっているようです。

大自然を生きる動物たちの中には、排泄物を賢く利用する生物がしており、 それをナワバリやメッセージ、求愛行動に使う場合も珍しくありません。 ヒトもまた生物であり、スカトロなどに性的な関心を寄せる事は、むしろ普通でしょう。


博多と言えば飲食店や劇場が有名な地域ですが、 アダルト系のお店が利用しやすいスポットとしても知名度が高いところです。 スカトロプレイに初挑戦したいなら、博多の専門店がビギナー向けに良いでしょう。 また慣れないうちは、擬似的な排泄プレイから入るという方法もオススメです。


スカトロの世界にも責めと受けが存在します。 ミスマッチを無くすためにも、自分の性癖に合わせてサービスを選びたいところです。 責めが好きなら、優越感が感じられるS向けのコースがピッタリで、 反対に排泄物による責めを受けたいなら、そういった専門店を最初に探しましょう。 同じプレイでも、固形のものと、液体系の二タイプがあるので、 こちらも自分の得意な方をその場で頼めば完璧です。

エロサイトなどではよくアブノーマル系のSEXや風俗サービスの動画が流されています。 その中で目を惹いたのが福岡の排泄を伴うスカトロでした。 アナルからどんどんうんちが出てくる様子がかなりそそられるものがあり、衝撃的な映像を見せ付けられたものです。 人間は我慢しているものを出す時が一番興奮するものですので、気持ちもいいのでしょう。


体験した人の話を聞いてみると、福岡の排泄を伴うスカトロがいかにすごいかわかりました。 もちろんそれはネットの関連サイトだけの話なのでなんともいえませんが、少なくとも気持ちよくなかったという人は皆無だったのです。 お金はそれだけ払うのでしょうが、そこには風俗嬢のしっかりした手際と段取りのよさがあり、不快感はありません。


浣腸などアブノーマルなプレイはする人を選びます。 SM嬢たちも仕事ですから、お客の要望にはこたえないといけません。 彼女たちがしてくれるサービスのすべてが満足のいくもので、それがゆえにここ博多には人が集まってくるのでしょう。

一般的な性癖ではないのかもしれませんが、スカトロや排泄物をつかったプレイが好きな方は少なからずいるものだと思います。 スカトロはという分野はコアだと思いますが、マニアにとっては根強い人気があります。 そしてスカトロを使ったプレイは恋人などのパートナーに要求しても、なかなかやってもらえないのが現状です。


しかし福岡には排泄物を扱った専門店があるので、マニアの性欲を満たしてくれます。 自分の目の前に女性が小便や大便を出してくれますので、このような排泄物を顔中や体中にぶっかけてくれます。 またもっと過激なところまでいくと小便や大便を食べさせるという内容もあるのでマニアには目が離せないプレイ内容です。


こういった特殊な趣味は人に言いづらいですし恋人とおこなう事は難しいと思いますが、お店に行くことにより自分の欲求を満たすことが出来るのです。 福岡だけでもこのようなお店が増えてきていますし、定期的にお店に通って楽しさを味わってみてはいかがでしょうか。

私は周りの友達や彼女に言ったことがない性癖があります。 それは私が排泄を使ったスカトロプレイが大好きだということです。 もちろん彼女にこんなことを言ってしまえば彼女に嫌われてしまうかもしれませんし、彼女と一緒にスカトロプレイが出来るわけではないため自分の性欲も解消できないばかりです。


そんな時に私は福岡にあるスカトロの専門店に行ってみました。 いつもは排泄物のビデオを見て性欲を処理していた私ですが、いざ実際にお店に行ってみるとずっとドキドキしていましたし不安で一杯でした。 しかしその不安も女の子が登場してから一気に無くなり、私の肛門に浣腸を入れるやいなや私の男性器を手コキし始めたのです。 この我慢をしながら手コキをされるプレイが非常にたまりませんでした。


いまでは仕事の疲れや自分の性欲を処理するために月に何度か福岡のお店に通っています。 生活をしているうえで様々なストレスを抱えると思いますが、そんなストレスを私はお店で発散しているのです。 もし興味があればスカトロなら福岡で排泄プレイで決まりですよ。

アダルト動画を見ていると、このようなプレイをしてみたいという願望を持つ方は少なからずいるはずです。 人それぞれエッチな願望があると思いますが、私の場合は排泄やスカトロを使って滅茶苦茶にされたいという願望がありました。 福岡のお店に私のお気に入りのスカトロを扱ったお店があるのですが、ここは私のような性癖にピッタリのお店なので定期的に通わせてもらっています。


この福岡のお店では私がホテルで待機しているときに女の子を呼べばいつでも来てもらえます。 女の子と最初にちょっとした世間話をしたあとにプレイがはじまり、私は女の子に言われるがままに浣腸を勢いよくされます。 この私の恥ずかしい姿でいれられる浣腸はもう言葉に出来ない羞恥心であり、非常に快感です。


そうこうしているうちに女の子は私の乳首や男性器を同時に触ってきます。 そうすると私の肛門は爆発寸前になり、その漏らすのを我慢している瞬間がたまらないのです。 最後は極限まで我慢した排泄物と一緒に射精もするのですが、頭が真っ白になるぐらいの快感を得ることが出来ます。

スカトロや排泄系を扱ったお店に行った経験はありますか。 興味はあるけれど行った事が無い人が少なからずいるかもしれません。 もしスカトロのお店に行ったことが無い場合、お店にどのようなイメージをお持ちでしょうか。


やはり排泄系のプレイを扱ったお店であるため汚いイメージがあると思います。 しかし実際はそうではなく、プレイが終わったあとは基本的に掃除がおこなわれるのでお店の中は清潔感があります。 そのため前の方がプレイしたときに残った固形物が部屋に残っているという心配がありません。


また福岡にはスカトロ専門店がたくさんあることをご存知でしょうか。 こういったお店はマニアにとって根強い人気があり、普段から通われている方が結構いるのです。 マニアなプレイは普段の生活でおこなうことが出来ませんし、お客さんは非日常を求めてお店に通われています。 このようなお店が存在しているからこそ、排泄系が好きなマニアの方の欲求を満たしているのだと思います。

風俗店のメニューの中でも、禁忌度が高いのは排泄に関わるメニューです。 ごくベーシックなプレイ内容を好む男性の中には、こういったシモ系のメニューは絶対にやらないという人もいることでしょう。 でも、こんな風にマニアックな内容だからこそ、はまり込んでしまう男性もたくさんいるんです。


実は私も、5年ほど前までは、スカトロなんて眼中にはなく、なぜ多くの人が虜になっているのか理解できませんでした。 でも、一度無理やり連れて行かれた、福岡のスカトロ系のお店での体験が、私の性癖を大きく変えてしまったんです。


今ではすっかりスカトロプレイが大好きになってしまい、自分からいろいろな風俗店のメニューを開拓しているぐらいです。 排泄の瞬間というのは、人間が最も無防備になる時間だと言われていますから、そこに性的興奮を見出すのも理にかなっているのかもしれませんね。 こんな風に新しい扉をあけることができたおかげで、毎日楽しく生活できています。

排泄・スカトロプレイと言えば大小便をさせるプレイで何となく衛生的でない・不潔と想像する人も多いと思います。 しかし、周到な準備をしておけば、臭いも少なく、また衛生的に行うことが可能です。 福岡のお店に相談したり、女の子と会った時に次回はこんなプレイをしたいと打ち合わせをしたりすることをお勧めします。


肉類はプレイの日から遡って4~5日前からは食べないようにするのがポイントです。 乳酸菌飲料やヨーグルトなどで菌が腸まで届くタイプの物を摂取して、腸内環境を整えておきます。 食物繊維がたっぷりの野菜とフルーツ中心の食事を行い、便秘も解消しておきます。 体の内部をデオドラントするサプリメントを服用するのもコツになります。


プレイを行う時は、ラブホテルの従業員に後片付けをさせる訳には行きませんので、どのように排泄物を始末するかを考えておくことが大切です。 お掃除グッズをホームセンターなどで調達しておき、持ち込んでおきましょう。 準備さえしっかりしておけばスカトロを試してみるのも面白いでしょう。

あまりおおっぴらには言えないことですが、私は昔から人の排泄物にただならぬ興味を抱く子どもでした。 小さい頃に両親にその話をしたところ、こっぴどくしかられたので、それ以後は周りにはその性癖を隠して生きてきました。


そんな日々に終わりを告げたのが、福岡のスカトロファン専用のコミュニティとの出会いでした。 インターネットの掲示板でたまたま見つけたコミュニティだったのですが、身近にこれほどまでに同じ趣味の人がいるのかと、とても勇気づけられました。


そのコミュニティでのやり取りを通じて自信を持った私は、今では福岡にあるスカトロ専門店に堂々と足を踏み入れるまでに成長しました。 福岡は風俗関係の優良店が多い地域なので、スカトロは福岡で排泄も福岡で済ませているので、福岡以外のお店をまだ訪問したことがないぐらいです。 福岡県というのは、食べ物もおいしいし、交通も便利だし、女の子は可愛いしと三拍子そろった地域なんですよ。

スカトロや排泄系のメニューは、どうしても不衛生なイメージを持たれがちですが、実際にはそんなことは一切ありません。 どのお店でも、一度プレイが終わってからは丁寧に清掃が行われていますから、店内はきれいで清潔感にあふれています。


実際のプレイに関しても、プレイが行われるルームやお風呂場は、衛生的で安全です。 前のプレイの排泄物が残っているなどということはありませんので、思うがままに自分のプレイを楽しむことができます。 自分の女の子のスカトロには興奮しても、他人のプレイには興味がないという人は多いですからね。


そんなスカトロ専門店は、福岡にもたくさんありますから、好みの女の子がいるかどうか、したいプレイ内容があるかどうか、しっかり確かめたうえでお店に行ってみるといいでしょう。 普段はなかなかこういったプレイは楽しめないものですが、こういった専門店では。 後片付けのことなど気にせずに思う存分プレイに没頭できるのが魅力的です。

あまり一般的には知られていないことですが、排泄物やスカトロプレイが大好きな男性は、世の中に少なからずいるものです。 あまり大っぴらに宣言することではないので認知度は低いですが、非常にコアなファンが多いというのがスカトロ系の特徴でしょう。


福岡にあるこういった排泄系専門のお店では、こういった特殊な性癖の人たちを十分満足させるだけのメニューがそろっています。 目の前で大便や小便を排泄してくれるというごく基本のメニューは当たり前のこととして、顔や体へのぶっかけや、飲尿・食糞というスペシャルなプレイ内容まで用意されています。


なかなか人には言いづらい趣味嗜好かもしれませんが、こういった専門店に行けば、同じ性癖を持った人たちにたくさん出会えますから、いろいろと意見交換をしてみるのもまた楽しいことでしょう。 最近ではこういったお店も徐々に増えているらしいので、今後は、自分のお気に入りの女の子やプレイ内容を探すのが楽になりそうですね。

実は誰にも言えない趣味があります。 それは、排泄・スカトロプレイに興味があるんです。 こんなこと彼女には言えませんし、だからといってオナニーでスカトロもできることではありません。 この欲求不満をどうにかしたいと、福岡にある風俗店に行くことにしました。


はじめてのことで最初はドキドキしたんですが、女の子にまんぐり返しで浣腸を注入するときは興奮してしかたがありませんでした。 排泄・スカトロプレイの醍醐味って、この羞恥プレイにあると思うんです。 排泄を我慢しなきゃいけないのに、どうしても我慢ができない。 そのときの歪む必死な顔が興奮材料になるんです。


女の子にはそのまま我慢してもらいながら、頑張って手コキをしてもらうのも好きですね。 真っ赤な顔をして我慢しながらぼくのペニスをしごいているのを見ると、あっという間に射精してしまいます。 月に1度ほど福岡に遊びに行って、たまりにたまった鬱憤をこうして解消しているんです。

一生に一度は体験してみたいエッチなことって、誰にでもありますよね。 ぼくの場合、それが排泄・スカトロプレイだったのです。 AVで見て興味をもったんですが、風俗でもできるお店と女の子がかなり限られていて、ぴったりのお店を見つけるのにとても苦労しました。


ぼくのお気に入りは福岡にある風俗です。 いつもの女の子を呼んでいつものホテルに行き、ロングコースでしっかりと楽しみます。 ラブラブタイムを終えたら、女の子に浣腸をしてもらいます。 ちんぐり返しで注入される羞恥は、自分を忘れる瞬間でもあるんですね。 すぐに排泄感はやってくるんですが、我慢して女の子に思いっきり責めてもらいます。


乳首、ペニスを少しでも触れられると排泄感が強まり、漏らしてはいけないと我慢するのが快感になるんです。 最後は射精と同時に排泄もするんですが、この世のものとは思えない快感ですよ。 こんな非日常的なプレイが楽しめるのも、福岡の風俗ならではだと思います。

人間、生きていればオシッコは毎日するものです。 男子便所に入れば、隣の男性がオシッコしているところを見ることもあるかもしれません。 しかし、女性がオシッコをしているところを見ることは、普通に生活していればないでしょう。 しかし、福岡で排泄・スカトロを体験すれば、見ることができてしまいます。


女性のパンティを通り越し、滴れ落ちてくるオシッコはとても神秘的です。 別名を聖水とも言います。 立ち位置やポーズなどを指示することが可能です。 至近距離からしてもらうのも人気ですが、高い位置からしてもらうのも人気がありますよ。 例えばですが、中腰になってもらったり、壁に手をついてもらったり、片足あげてもらったり、それはお客様の自由です。


聖水だけでも興奮しますが、もっと興奮するためのポイントを紹介します。 ずばりそれは妄想です。 パンティの中はどうなっているのだろう?男性とどう違うのだろう?と考えてみてください。 神秘的な時間を過ごすことができるでしょう。

福岡女子と排泄・スカトロプレイをやってみたいでしょうか?最近はどこのお店でも聖水プレイはオプションでやっているし、むしろやらないお店の方が少ないくらいです。 排泄・スカトロプレイと聖水プレイの違いはどこにあるのか、その当たりのところも知りたいです。


よくある排泄・スカトロプレイの例としてはオムツをしたまま排泄行為をして、そのオムツを交換してもらう、お尻や性器周りを綺麗に拭いてもらうなどがあります。 赤ちゃん返りしたと言ってもいいし、寝たきりの高齢者になったつもりで介護されるプレイと言っても良いと思います。


オムツを取り替えられるのも恥ずかしいし、排泄したものを見られたり臭いを嗅がれたりするのも羞恥心を掻き立てられます。 それでも、かつて通った道ですし、将来通らなければならない道でもあるので、今のうちに体験してみるというのも良いと思います。 高齢化社会の到来で、寝たきりになって下の世話をされるという問題は付き物です。 いろいろ考えさせられるプレイですね。

福岡で排泄・スカトロのプレイがあるらしいので興味があります。 スカトロっていうとなんだか汚い、不潔っていうイメージがありますが、準備をしっかりしたらそれほどでもないようです。 たとえば、一週間くらい前から肉類は絶対に食べずに野菜やフルーツだけを摂取し、善玉菌が含まれているヨーグルトを食べるなどが準備に当たります。


排泄行為を見られるっていうのは、それだけでも恥ずかしいのに、下の世話をされるっていうと、もうどうにでもなれって感じです。 しかし、どんな人でも人生の終わりの1年くらいは、こういう恥ずかしい目に遭わないといけないのですから、その予行練習と思えば、良い体験かもしれません。


介護士と患者になったつもりで、ターミナルケアのロールプレイをやってみましょう。 そんなシチュエーションのストーリープレイを楽しむのもありと思います。 小道具でおむつを持ってきてあげるというくらいの凝り方があっても面白いです。 羞恥プレイの一つで嵌る人は嵌ることでしょう。